22日のシリア情勢については、日本でもNHKや新聞がkなり詳しく報じていますが、22日付のal jazeerah net の記事が報じるところでは、22日シリアの殆どの町で数万人の抗議デモが行われ、治安部隊の発砲等で数十人(人権団体によると最低72名死亡、別の人権団体は死者49名、不明者20名で彼らも死亡したと思われるとしている。他方イスラエル紙は最低88名死亡と報じている)が死亡したとのことです。
勿論シリアのことですから、死者の数の確認は困難で、負傷者数は不明ですが(数十人の死者と言うことは一般的に言えばその数倍は負傷者が出ているはず)、少なくとも
‖腟模抗議デモは前から予測されていて、抗議組織はネットで参加を呼び掛けていた、
∪権側は(先に報告した通り)前々日の夜から治安部隊を配置し、デモに参加しないように規制していた、
それにもかかわらず殆ど全国的に大規模んデモが生じた
い修猟丹気蚤真瑤了犲圍臀个拭
と言うことはまず間違いないところで、非常事態法撤廃の直後の事件、ということで、アサド(息子)政権にとっては、国内的にはこれまで最大の危機を迎えていると言えるのではないでしょうか?
これが、先日書いたように、本当にアサド(バース党)政権の終わりの始めになるのか、今後シリア情勢が中東の焦点になってきた感がします。
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/8168FBAC-5AB0-4CB2-B433-EE4774F1F28D.htm?GoogleStatID=1