シリアでは日、アサ政権の厳しい規制にも拘わらず、全土で広範な抗議運動が行われ、治安部隊の武力行使で多くの犠牲g出た模様です。
6日付のal jazeerah net の記事の伝えるところ次の通りです。
因みにシリアは現在中東でも報道規制の最も厳しいところで、この放送局も人権運動家とかの情報をもとに、シリアの外からまとめて発信しているようですが、周辺にかなりの特派員を配置し、個人的に質量ともに報道機関の中ではシリア報道で最右翼と見ていますが、現地の方や中東に詳しい方の御意見をお聞きできればと思います。
この他イエメン報道もここが一番良いと見ていますが、こちらの方もどうでしょうか?

6日は「挑戦の金曜日」と名付けられて、当局の禁止にも拘わらず全国規模で抗議デモが繰り広げられた。これに対して治安部隊は野蛮な弾圧をおこない、全国で約30名が殺害された。
その中でも最も死亡が多かったのが、中部の町ホムスで15名死亡した。人権団体によれば、数十台の戦車g町中に展開し、また電気、水が切断された。群衆は『自由』[アサド政権を倒せ」と叫んで行進した。
またハマでは6名が殺害された。
またシリア東部のdir al zurでは4名が射殺された。
また首都ダマスカス及びその周辺でも多くが抗議デモをした。
他方秘密警察が人権運動の指導者を逮捕した。
また海岸の町バニアスでも女性多数を含む数千人がデモをした。
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/902F690A-9291-4592-BFE2-67C08D48AC75.htm?GoogleStatID=1