3日付のal jazerah net の記事は、スイスがシリアの資産を凍結したと報じています。
これはswiss economic secretariat(アラビア語から直訳したらこうなりましたが、如何なる団体かは不明です)が新聞報道を確認したものとのことで、その金額は約3200万ドルとのことです。
また記事によるとスイスはシリアの要人23名に旅行禁止(要するに入国禁止でしょう)の制裁も発動しているとのことです。

関係部分は以上の通りですが、従来銀行の秘密保持を理由に世界中の怪しげな資金の隠匿先として米国などともめてきたスイスが、チュニジア、エジプトの革命でも、シリアに対する制裁でも最も協力的な国になったのは驚きです。
シリアの凍結資産の金額自体は大きくないと思いますが、現在シリアは経済困難に直面し、特に外貨繰りg厳しく、その通貨の価値の維持に苦労している時だけに、この凍結の影響は小さくないのではないでしょうか?
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/2AF817DF-B4B2-47EB-9D85-E471F728075C.htm?GoogleStatID=9