1日のシリア情勢を同日づkのal jazeer netや al qods al arabi net の記事や、2日朝(日本時間)放送のbBCやCNNから取りまとめると、取りあえず次の通りです。

・シリア軍、治安当局は1日もハマにおける弾圧を続行し、戦車砲y大砲を使用したが、特に市内の2の病院を攻撃し、病院が炎上した。
・シリア軍はハマ、dir al zour 等でも住宅地域を砲撃しており、また狙撃手も多数動員され、犠牲者の数も増加している。
・米欧のアサドに対する非難のトーんが強くなり、特に欧州では対シリア制裁の対象拡大、強化が検討されている。但し英外相g発言した通り、欧州諸国もシリアに対する武力行使は(少なくとも)当面考えられないとしている。
・トルコ大統領はアサド政権の武力行使の即時中止を求めた。
・これまで安保理の非難決議に強硬に反対してきたロシアのトーンが変わり、武力行使を強く遺憾とし始めた。
・安保理の協議が1日(NY時間)おこなわれる。
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/1D284C9A-6360-48B0-8287-B56A8BD9D693.htm?GoogleStatID=1
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2011-08-01-13-39-02.htm