シリアの情勢に関し、その後のal jazeerah net とal qods al arabi net を取りまとめたところ次の通りですが、どうもアサド政権がトルコ政府等の助言に耳を傾け、弾圧を中止するようには思われず、ハマに戦車が再び現れたなどという情報は、ある意味トルコ政府の「横っ面をひっぱたく」行為ではないかという気がします。
アサドは武力で最後まで(生き延びるのか滅びるのかは知らないが)行くと決めたような印象を受けます。
要点のみ
・シリアにおける死者は28名に上った。
・ホムス等では再び砲撃が始まり、ハマでは戦車部隊が再び現れた。
・11日朝、北西部のadlab県のsaraqibとホムス県のqasirの2の市で、シリア軍は戦車、装甲車等による砲撃を先頭に町への攻撃を始めた。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest/data/2011-08-11-06-32-55.htm
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/16935262-76CF-4655-8504-8209F9CB58D2.htm?GoogleStatID=1