チュニジア情勢と対照的なのがシリアで、シリアでは24日も政府軍のホムス等に対する激しい攻撃が続き、ホムスで9名、アドラブで6名が、政府軍の銃撃で死亡したとのことです(いつものことながらこの数字は後刻更に大きくなる可能性が強い)。
また政府軍の激しい弾圧にも拘わらず、ホムス、ハマ、アドラブ、ダラア、ダマスカス郊外等では抗議デモが続けられ、多くの市民が逮捕されたとのことです。
その他国際的な面では、米国がその安全を保証できないとして、駐シリア大使を引き揚げたことに対抗して、シリアも駐米大使を引き揚げたとのことです。
取りあえず
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/AD1AE613-205C-4BED-9B01-D1258D4FB0C9.htm?GoogleStatID=1
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/E9E70019-F409-4396-88CE-037CA00F13ED.htm?GoogleStatID=1