シリアの方のニュースはイエメンと少し違うようです。
これまでアラビア語のネットは、連日抗議の民衆が政府軍に殺されたことを報じてきましたが(最近は政府軍の損害も報じられているが)、25日付のal jazeera net とal qods al arabi net の記事は、25日士官1名を含む政府軍兵士7名が死亡したと報じています(その他al jazeerh の方はバース党民兵1名が誘拐後死亡したとも報じています)
記事によると、彼らはイドリブ県で、彼らの車が脱走兵と思われる武装者の待ち伏せ攻撃にあったとのことですが(al qods al arbi は4輪駆動車、装甲車等40両からなる車列が待ち伏せ攻撃にあった、と具体的に報じている)、脱走兵の方の損害については報じていません。
またal qods al arbi net の記事は、その前日の24日にも政府軍兵士5名が死亡しているとも報じています。
また、もっと驚くのは(取りあえず0730頃のこれらネットでは)抗議の民衆の死傷者について報じられていないことです(彼らのニュースソースは人権団体ですから死傷者があれば、報じるはずだと思うのですが)。
勿論だからと言って民間人の政府による殺害がなかったかどうかは勿論不明です。特にこれだけ損害を出すと政府軍の方では大規模な報復を付近の民間人に対して行う可能性があり、油断Hできません。

取りあえずシリアに関する記事の要点は以上で、これだけから何らかの結論と言うか見方を出すわけにはいきませんが、どうも脱走兵を中心とする反政府武装者の武力抵抗が強化され、政府軍の損害が増える傾向にあるような気がします。
この先ますます内戦的様相が強くなってくるのでしょうか?
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/97A1082D-935D-45DC-9F0A-27BD06CC1612.htm?GoogleStatID=1
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2011-10-25-11-55-12.htm