シリアでは、この数日軍事的対決の様相が強まっているとの印象を受けるが、20日ダマスカスのバース党本部のコンパウンドで2つの爆発があったと言うニュースが流れました。
20日付のal qods al arabi netの記事は、付近の住民の話として、少なくとも2発のミサイル(ロケット)が建物のひとつに命中したと語ったと報じています。記事はまた別の住民の話として、普段使われていない建物が狙われたが、これはバース党に対する警告だろうととも伝えています(一般にロケット弾は極めて命中精度は悪く、はたしてそんな難しいことができるか疑問です)。
爆発は20日未明に生じ、付近は治安当局が閉鎖しているとのことです。
他方20日付のal jzeerah net の記事は、この事件について、住民談として、コンパウンドの主要建物の一つにミサイル(ロケット)2発が命中したと伝えていますが、反政府派はこれを否定し、軍内部の分裂での衝突であろうとしているとも伝えています。
他方BBCもこのニュースを伝えていますが、ネットの方は発射されたのはRPGであろうと報じていましたが、その後そのニュースh消えました。一方、日本時間1900の放送の方は、バース党本部付近は20日は通常通りで、格別変わった様子は見られない、と報じていました。

と言うことでどうも不思議な事件ですが、BBCがもしかするとこっそり記事を消したと推測されることに示される通り、ガサネタであった可能性が強いと思います。

http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest/data/2011-11-20-06-42-18.htm
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/FEE9FD83-E9CE-49AF-A20B-150607936C8E.htm?GoogleStatID=1