シリア情勢につき1日付のal jazeerah net 等より取りまとめたところ次の通りです。

・国連人権高等弁務官は記者会見で、シリアの死者は4000にに達したと発言した。
また4000人と言う数字について、国れの得た種々の信頼すべき情報によれば、実際には更に大きな可能性が強いと付言し、シリアの現状は死者の継続的増加、軍隊からの離反者との衝突の増加から見て既に内戦状態にあると語った。
・1日のシリアでの市民の死者は21名であったが、その大部分hハマ周辺で生じた。シリア軍は各地で町を攻撃し、市民多数を逮捕し、多くの住宅を破壊した。ダラア県のdaliaでは戦車、装甲車数十台が町に突入した。
また、反政府軍人との衝突も、特にホムスでは頻発している。
・他方1日付のal sharq al awsat net の記事は、30日ジェッダで開かれたイスラム諸国会議の外相会議は、シリア政府がアラブ連盟のの要請に応え、流血を中止し、人道上の問題を軽減し、監視団の受け入れを要請するとともに、外国公館に対する攻撃を非難したと報じています。
記事によると、この外相会議にはシリア及びイランの外相も出席したとのことで、両外相の出席した会議で、このようなシリア批判の決議が採択されたことが注目されます(おそらく文言が注意深く案文されていて、非難とかの強い表現は避けられたのでしょうが、実質的な内容は可なり強いシリア批判だと思います)
http://www.aawsat.com//details.asp?section=4&article=652360&issueno=12056
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/BA0AF5AC-7183-4095-811C-2F4790028CBC.htm?GoogleStatID=1