16日のシリア情勢につき同日付al jazeerah net 及びal qods al arabi net から取りまとめたところ、次の通りです。

・16日民間人の死者は22名に上ったが、うち9名がホムス、ハマが3名、ダラアでも3名が殺害されたとのことです。
・民衆は多くの町で「アラブ連盟が我々を殺している」とのプラカードを掲げ、アラブ連盟がシリア政府の条件つき交渉に付き合って、シリア情勢に緊急に対応していないことを強く非難した模様です。(これに対して連盟次長は、我々の最大の重要事項はシリア問題であるとコメントしたとのことですが、外相会議の記載を含み連盟の対応が注目されます)
・アサド政権は、ホムスで病院を攻撃しようとしたテロリスと(反アサド兵士)を撃退し、そのうち17名を殺したと発表した。
・他方ヨルダンに近いダラア県では、反アサド兵士が過去3日間のアサド軍と衝突して、45名を殺害したために、アサド軍は戦車多数を動員して、反アサド兵士に対する捜索を強化しているとのことです。
・またシリア通信(政府系)はシリア東北部で、鉄道線路を破壊する妨害行為があったが、損害はないと報じている由ですが、その他にもこれまで数か所で鉄道線路破壊工作があったとのことです。
・イラクでは、国会議長がアラブ連盟の決定に反対し、シリアとの関係を重視している、イラク政府の政策を積極性にっけていると批判し、アラブ連盟決定を支持するべきであると発言した由。

http://www.aljazeera.net/NR/exeres/CCFD92F8-73D9-43DB-9191-19EF40735279.htm?GoogleStatID=1
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2011-12-16-11-29-09.htm
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2011-12-16-09-11-35.htm