ホルムズ海峡の閉鎖問題をめぐるイランと米国との口頭での応酬が激しさを増している中、イランは30日長距離ミサイルのテストを行うと発表しました。
これは30日付のal qods al arabi net が報じるところで、それによるとイラン海軍副司令官が30日イランは現在行われている海軍演習の一環として、ペルシャ湾で長距離ミサイルのテストを31日朝行うと発言したとのことで、海軍演習の目標は実戦的環境で如何に敵を撃退するかをテストすることであると説明した由。

記事の要点は以上で、この長距離ミサイルと言うのが、艦艇搭載のミサイルか否か、どの程度の射程距離のものか等一切不明ですが、ミサイルのテストが実際に行われれば、緊張する米・イラン関係を更に緊張させる可能性もあるべきにつき、取りあえず。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2011-12-30-09-09-42.htm