10日付のbbc net 、al jazeerah net ,al qods al arabi net等 は、10日シリア第2の都市のアレッポで2の大きな爆発事件があったと報じています。
それによるとシリアの国営TVは10日朝、アレッポの治安本部前で爆弾自動車が爆発して、少なくとも25名が死亡し、175名が負傷したと伝えているとのことです。
シリア政府はこの爆破事件は反政府派の手によるものと非難しているが、BBCは反政府派はこれを否定し、政府の自作自演であると非難していると伝えています。
これにたいして、al qods al arabi net は、離反兵士のaref hammoud 大佐が仏放送に対して、この2の爆発事件は自由シリア軍が内部の内通者と協力して、軍情報部の支部及び治安本部を狙った作戦であると語ったと報じています。
この同じaref hammoud 大佐に関しては、10日付のal arabi net は、肩書きを中佐とした上で、彼がこの爆発事件と自由シリア軍との関係を完全に否定したと報じています。 

記事の要点は以上で、いずれにしてもal qods al arabi の記事にある自由シリア軍の作戦と言う話は、他の報道では出てこずに、al arabi net は逆に彼が、自由シリア軍の関与を否定したとなっています。
また、大佐(al arabi net の記事では中佐となっている)と言えば自由シリア軍の指導者のアサアドも大佐ですが、ここに引用された人がどういう立場の人で、どういう資格での発言かも不明です。al qods al arabi net の記事がガサネタの可能性も強いかと思います・。
どうも不思議な話ですが、どの報道も速報ベースと言うことですから、相当の混乱があるのだと思います。
それはともかく、アレッポはシリア第2の都市(商工業の中心)で、これまで比較的平静であったのが、ここ数日急に同市における死者の数が増えていたこともあり、注目していたところですが、どうやらアレッポも動乱の最前線に出てきた感じがします。
http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-16978803
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-02-10-08-32-47.htm
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/2492A981-EE3D-4954-A568-F4E9CFAFF59F.htm?GoogleStatID=1
http://www.alarabiya.net/articles/2012/02/10/193748.html

以上の書き込みは当初一部のネットにし書きじが見当たらなかったが、どうもその間に矛盾があるようなので、帆kの所も当たって見たら、殆どが何らかの形で、この事件を報じていたので、それらを入れて書き直しました。