当然と言うべきか、al jazeerah net やal qods al arabi net の記事はこのところ、シリア問題に集中していて、朝書いたばかりなのに、今見たらまた新しい情報が出ていました。あすはGCC外相会議、その後アラブ連盟の会議があるはずで、アラブの外相も誠に忙しいことです。
取りあえず記事の要点のみ

・al jazeerah  は、アラブ連盟はこれまでのアラブ連盟監視団を廃止し、アラブ連盟の監督の下に国際的な新しい監視団を派遣する方向で検討中と報じています。
それによると、この監視団はアラブ、イスラム諸国、国際的な人員からなる3000人規模のもので、最新機材や運輸手段を伴うとのことです。
またこれまでのアラブ監視団のスーダン人団長は辞任したことが確認されたとのことです。
この監視団については12日アラブ外相会議で決定後発表される予定とのことです。
問題はシリア政府がこのような実効性のある大規模監視団の受け入れに同意するか否かでしょうね。
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/44263818-C924-4C09-B5A0-1A695EA10B30.htm?GoogleStatID=9
・al qods al arabi net はシリア政府が、国連事務総長、安保理議長、イスラム諸国会議議長、アラブ連盟事務局長、人権理事会議長に書簡を送り、アレッポでの2けの爆発事件について、テログループの仕業であると非難したと報じています。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-02-11-08-14-36.htm
・他方、おなじal qods al arabi net の別の記事は、11日イラク内務次官が、イラク人のイスラム原理主義者がイラクからシリアに入った事、及び武器もイラクからシリアに流出していると警告したと報じています。
彼によれば、武器はバグダッドから北部のモースルを経由してシリアに流出しており、このtめ100〜150ドルであったカラシニコフの値段が1500ドルにまで上昇したとのことです。
http://www.aljazeera.net/NR/exeres/E4031BB4-E666-4E59-8639-6D26347B1EAA.htm?GoogleStatID=9