26日のシリア関連情勢についてal jazeera net 及びal qods al arabi net からとりまとめたところ、次の通りです。

そう言えばこれらアラビア語のメディアが報じていませんでしたが{無視していた?)シリアの憲法改正国民投票が26日行われました。
国民投票については、al arabiya net がシリアの反政府派や分析家は軽蔑していると報じている他、al qods al arabi net は独外相が喜劇と評したと報じています。
喜劇と言うのは、おそらく悲喜劇と言った方が正確なのでしょうが、通常の感覚で言えば、国民投票を行うからには、可能な限り平静{正常な)状況を作る努力をしつつ行うもので、一方で政府軍に各地で武力行使をやらせながら投票を実行することは、全く常軌を逸しています。
最低限政府軍には一方的な停戦を命令すべきだったでしょうね。
ということは、この投票はアリバイ作り以外の何物でもなく(おそらくはロシアとか中国に今後とも拒否権行使の口実を与える効果があろう)、現地の事情を知っているアラビア語のメディアが無視したのも当然と言うことだと思います。
尤も、政府の意図は別にして、将来アサド政権内部で根本的政策の変更があって、アサド退陣と和解の方向に進む場合には、何らかの形で修正憲法が役に立つ可能性もあるかもしれません。その意味では完全に無意味とまでは言い切れないかもしれないが、少なくとも今の時点では、政権側の宣伝活動以外のものではない、と言って良いかと思います。

・26日はシリア各地で政府軍の銃撃で60名が殺害された。
最も多かったのはホムス{24名)、特にババ・アムル地区(16名}であった。
その他はハマで9名、ダマス郊外で5名、ダラアで7名、al haskaで7名等であった。
また政府軍ホムスで激しい砲撃を続けた他、アレッポ郊外、ハマ、その他で戦車、装甲車等を使い攻勢を強めた。
http://www.aljazeera.net/news/pages/666d1824-b72a-4680-861f-0af7a48ae625?
・シリア内務省は、若干の県を除いては、国民投票はおおむね平静に行われたと発表し、間接的に治安情勢が正常な投票妨げたことを認めた。
http://www.aljazeera.net/news/pages/2dbc6acb-d313-48a4-8e88-343b283930de?GoogleStatID=1
GoogleStatID=1
http://www.alarabiya.net/articles/2012/02/26/197170.html
・独外相はシリアの国民投票は喜劇で、シリア問題の平和的解決には全く資さないであろうと語った。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-02-26-13-46-35.htm
・外交筋はす時間以内にホムスで死亡及び負傷した外国人報道者を移送するためにスイス航空機がダマス空港に到着するであろうと語った。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-02-26-12-47-00.htm
・プーチン首相は27日発行の外交関係文で、欧米諸国及びアラブ諸国がシリアに対して軍事力を行使しないように警告し、彼らはその前に国連安保理の承認{授権)を得ることを強く希望するとして、これをけん制した。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-02-26-20-42-10.htm
・他方クリントン長官は、シリア軍に対して、政権の利益よりも、国家の利害を最優先とすべきと呼びかけた(この呼びかけが、政府の命令に対する不服従を呼びかけたのか、政府軍からの離脱を呼びかけTものか、その真意は不明)
また長官はシリア問題解決の国際社会の対応3原則として、
     緊急の人道援助
     シリア政権に対する圧力強化
     政権移譲のための支援
を上げた。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-02-26-15-32-18.htm
・英sunday timesは26日、シリア政権の人道法違反は、最悪の戦争犯罪であるとコメントした。
同紙はさらに、サッダム・フセインとカッダーフィの残虐な抑圧は、彼等独裁者の死を招いたが、同じ運命がアサドを待っているであろうとコメントした。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-02-26-09-23-20.htm

http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-02-26-09-23-20.htm