その後のシリア関連情勢につき、9日付のal arabiya net 及びal qods al arabi netより取りまとめたところ次の通りです。

・8日のアサド軍による銃撃等での死者は68名に達した。その大部分はホムスである。
http://www.alarabiya.net/articles/2012/03/09/199523.html
・ホムスのラスタン市とal qasir では政府軍と自由シリア軍との間で激しい戦闘があった。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-03-09-08-57-07.htm
・国連特使アナンの対話の呼びかけを反政府派は拒否して、これはアサドに更に殺戮の為の時間稼ぎをさせると言うウィンクであるとした。
またアナン特使の対話呼びかけに反対するための抗議デモをシリア全土で9日行うことを呼びかけた。
http://www.alarabiya.net/articles/2012/03/09/199523.html
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-03-09-07-30-21.htm
・シリア通貨は24時間以内に13%も下落して1ドル100ポンド(リラ)をつけた。両替商の話によると、一つは米国の軍事介入の恐れ及び政府軍と自由シリア軍との衝突の激化がその原因とのことである。
http://www.alarabiya.net/articles/2012/03/09/199523.html