21日のシリア関係情勢al jazeera net ,al qods al arabi net 等より取りまとめたところ次の通りです。

・シリアでは政府具の各地での砲撃で80名が死亡した。その多くはダマス郊外、ホムス、ハマ、ダラアである。
・ホムスでは抵抗組織が39体の損壊された遺体を発見した、これらは約10日前に殺害された人たちのものである。おそらく彼らは自由シリア軍が先に回収できた48の遺体と同じ時に虐殺されたものと思われる由。
・政府軍はダマス郊外の2か所で激しい攻撃をしかけている。
http://www.aljazeera.net/news/pages/89f1622b-ee46-4167-9ba0-04a0a0104b39?GoogleStatID=1
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-03-21-14-35-28.htm
・アレッポでは50名以上の兵士が政府軍を離脱した。
http://www.aljazeera.net/news/pages/89f1622b-ee46-4167-9ba0-04a0a0104b39?GoogleStatID=1
・国連安保理はアナン特使に対する支持表明の議長声明を発したが、多くの国がこれがシリア問題解決の第1歩になるだろうとして歓迎している。
(議長声明は全会一致で採択されるが、決議と違って拘束力はない。今回仏の作成した声明案が採択されたのは、アサド政権に対する非難等の文言が含まれていないためである)
声明はアナンの解決案の実施を求めているが、それは
    シリア問題の政治的解決
    即時停戦
    総ての者の総ての形態の暴力行為停止
    人道援助の実施と逮捕者の釈放
    報道の自由
    意見表明、集会の自由
    対話を通じての多党制による解決
等を含んでいる。
http://www.aljazeera.net/news/pages/48c56d36-6e78-4be3-b482-f76cbe9339ac?GoogleStatID=1
・シリアの反政府勢力は組織的及び戦略上の統一を目指して、トルコの呼びかけに応じて来週早々に会合を開く。
これは4月初めにイスtンブールで第2回シリア友人会合が開かれる前に、戦線の統一を図ろうとするものである。
http://www.aljazeera.net/news/pages/48c56d36-6e78-4be3-b482-f76cbe9339ac?GoogleStatID=1
・nasra戦線と称するイスラムグループがヴィデオで、17日のダマスでの2件の爆発事件の犯行を声明した。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-03-21-15-42-54.htm