シリアの23日の情勢al jazeera net 等からとりまとめたところ次の通りです。
それにしても、停戦に合意しておきながら、平然と砲撃を続け、依然として連日多数の市民を殺傷できるシリア政府と言うのはすごいものだと感心さえするほどです。
al arbiya netがハマについて、新しいハマの虐殺(1981年の事件を想起していると思う)と書いていますが、これまではホムス、今度はハマと、とにかく監視団の少ない所では、組織的に順々に抵抗する者を消して行くと言うことなのでしょうね。
これに対して欧米の多少の制裁強化等は全く効果はなく、いわゆる蛙の面に小便(表現は下品だが)という奴でしょう。

・23日シリア各地で80名が政府軍の銃撃等で殺された。
最も多かったのがハマで37名、政府軍はハマに対して激しい砲撃を続けていた。
その他ではイドリブで17名、ダラアで5名、ホムスで3名、dir l zour で2名等であった。
http://www.aljazeera.net/news/pages/bb028cb5-c859-4000-bdbb-c55cc76f8d8c?GoogleStatID=1
{これに対してal arabiya net はハマの死者は38名として、アサド軍がハマのarbain地区に猛烈な砲撃を加え、「ハマの虐殺」の再現であると報じています)
http://www.alarabiya.net/articles/2012/04/23/209790.html
・国連の政治担当事務次長は安保理に対してシリアの停戦は完全ではなく、未だに殺人killingsが続いていると報告した。
http://www.aljazeera.net/news/pages/bb028cb5-c859-4000-bdbb-c55cc76f8d8c?GoogleStatID=1
・欧州連合はシリアに対してぜいたく品及び弾圧に利用される物品の輸出を禁止した(ぜいたく品の方は、アサド軍の殺戮にもかかわらず、アサド夫人がぜいたく品を買いあさっているとの非難が出回った為と思われます)
米国はイラン及びシリアの人権蹂躙を助ける技術的支援をするものに対する制裁を決めた。
http://www.aljazeera.net/news/pages/9e816cef-78bd-4138-9064-32179716bd95?GoogleStatID=1
・シリア国民評議会の議長はカイロでエジプト外相と会談した。
会談後、議長はイランの支援とロシアの傘がアサド政権を維持しており、イランはシリアでの事件を自分自身の戦いと考えていると語った。
http://www.aljazeera.net/news/pages/9e816cef-78bd-4138-9064-32179716bd95?GoogleStatID=1
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-04-23-14-58-43.htm
・レバノン軍情報部h23日ベイルートで多数の銃、RPG等を積んだ小型トラックを押収した。これらの武器はシリア向けに密輸されるところで、トラックにいたレバノン青年2名、シリア人2名を逮捕した。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-04-23-13-04-16.htm