24日のシリア情勢に関し、al jzeera net,al qods al arabi net より取りまとめたところ次の通りです。
それにしてもアサド政権が停戦や重火器の撤去に合意してから2週間近く経つのに、未だに毎日数十人が殺されていると言うのは、どうということなのでしょうね?
そもそもアサド政府は前から平気でうそをつく常習犯でしたが、今回の決議にロシアと中国が賛成したのは、それを見越した上でのシリア政府に更に弾圧を続けさせる国際的お墨付きfig leafを与える陰謀だったのでしょうか?まさかアナン特使までそうとは思いませんが、このままでいけば、アラブ紙の風刺漫画が書いているように、fig leaf として利用されただけ、と言われても仕方がないkもしれません。

・シリア各地では30名が政府軍に殺されたが、その大部分はホムスとダマスの近辺であった(ホムスは一時監視団g訪問し、政府軍の攻撃が静かになっていたのですが、また再開したのでしょうか?)
特にdumaに対しては継続的に激しい砲撃が加えられ、戦車に支援された政府軍及びバース党民兵が攻撃した。
またハマ、ダラア、ダマス郊外でも政府軍が攻撃した。
http://www.aljazeera.net/news/pages/b5793484-f485-4124-be6f-b032b253f936?GoogleStatID=1
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-04-24-10-01-28.htm
・ダマスでは市の中心のイラン文化センターの前で車爆弾が爆発し、将校3名が死亡し、3名が負傷した。
また同じくダマスで軍情報部の第1次官が何者かに暗殺された。
http://www.aljazeera.net/news/pages/b5793484-f485-4124-be6f-b032b253f936?GoogleStatID=1
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-04-24-10-01-28.htm
・アナン特使は安保理非公式協議への報告で、アサド政権への批判を強めた。彼の報道官によれば、アナンは人工衛星のよればシリア軍は約束に反し市街地から撤退しておらず、監視団に対しても自由に活動させない様に圧力をかけていると報告した由。
http://www.aljazeera.net/news/pages/07638bd7-2325-4735-bb69-99d623cf4743?GoogleStatID=1
・シリア国民評議会議長はアサドは停戦合意を全く実行していないと非難し、国際社会に対してさらに強硬な措置を求めた。
http://www.aljazeera.net/news/pages/07638bd7-2325-4735-bb69-99d623cf4743?GoogleStatID=1
・シリア情報機関は24日未明パレスチナ人女性思想家で活動家のsalmah kilahを逮捕した。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-04-24-15-21-12.htm