7日のシリア情勢al jzeera net ,al qods al arabi net ,al arabiya net より取りまとめたところ次の通りです。
それにしても、このような状況で平然と総選挙ができるアサド政府と言うのは立派と云うべきか、常軌を逸していると言うべきか知りませんが、もしこの状況でまともな選挙ができたのなら、ものすごい行政能力を有していると思います。
アラビア語の記事の表題に「この選挙は真面目なのか?お芝居か?」と言うのがありました。

・7日シリア各地で政府軍の銃撃で27名が死亡したが、その大部分がdir al zour とホムスとハマであった。
政府軍は各地で攻撃を続けており、ホムスでは戦闘機が低空を旋回していた。
またダマス郊外等で反政府兵士に対する待ち伏せ攻撃等があり、双方で衝突があり、双方の兵士に犠牲者が出た。
http://www.aljazeera.net/news/pages/0e376655-de47-4424-acbd-97a140cbaa6e?GoogleStatID=1
・7日議会選挙が始まり、多党制選挙とのうたい文句だが、反政府派はボイコットを呼びかけていることもあり、各地の投票所は閑散としている。
ダマスカスでは政府が職員党に投票を強制しており、民兵やバース党員が住民の投票の有無を監視{スパイ)しているが、住民は余り投票所に足を向けていない。
http://www.aljazeera.net/news/pages/0e376655-de47-4424-acbd-97a140cbaa6e?GoogleStatID=1
http://www.alarabiya.net/articles/2012/05/07/212692.html
・国連事務総長はシリアは世界で最も危険な地域であるとして、依然として続く殺戮を非難した。
http://www.aljazeera.net/news/pages/0e376655-de47-4424-acbd-97a140cbaa6e?GoogleStatID=1