ベンガジの話はだんだん状況が解ってきたようです。
22日のal arabiya net とal jazeera net は、22日早朝数百人のベンガジ住民と武装警察がベンガジ市内のansara al sharia の拠点の兵舎に押しかけ、イスラム勢力が退去するように求め、一部で自動小銃、RPG等の撃ち合いとなり(2時間の撃ち合いだった由)、最低4名が死亡し、約40名が負傷したが、イスラム過激派は拠点から退去したとのことで、al arabiya net は「ansar al shariaはベンガジから追放された」とコメントしています。
さらに同ネットは、この動きは21日リビア各地でイスラム民兵に反対するデモがあったことを受けて、警察、政府軍及び活動家が合意していた計画によるものと報じています。

取りあえずの報道は以上で、ベンgジの拠点から撤退した民兵が何処へ行ったのか、この動きは(先日米大使等が殺された)ベンガジに限定されているのか、その他の地域にも広がることになるのか、不明ですが、リビアにおいては、特にイスラム過激派の民兵が治安回復の妨げとなり、先日お伝えした通り、彼らがチュニジア、アルjリア、マリ、ナイジェリア等の過激派イスラム主義者と提携する動きを見せていただけに、このベンガジの動きは極めて重要な意味を有することになるかもしれません。
と言うか、そう期待していますが、未だ状況は流動的なのでしょうね?
http://www.alarabiya.net/articles/2012/09/22/239440.html
http://www.aljazeera.net/news/pages/93ab112e-ccf4-48b5-a04c-67830d5699c3?GoogleStatID=1