スーダンと南スーダンの大統領は確か本4日エチオピアの首都で会談することになっていたと思いますが、3日付のal jazeera net は南スーダン政府は2日、スーダン軍が国境地帯で、南スーダン軍を空陸双方から攻撃したと非難していると報じています。
記事によると、スーダン空軍は両国の国境地域の西部の西ガザール湖州で爆撃し、その他の国境地帯でもスーダン軍が攻撃して民間人に負傷者が出たと非難したとのことです。

両首脳の会談は、確か1千年月の首脳会談で合意されたが、実施されていなかった治安維持及び経済協力の合意問題のフォローアップとして、緊張が解けない両国関係改善の上で期待が強かったはずですが、その直前にこの様な事件が起きると、首脳会談への波及が危惧されます。
但し、仮にスーダン軍の軍事行動があったとしても、その程度はどうやら限定的なようで(勿論単なる印象だが)首脳会談の延期や中止には至らないのではないかとも思われます。
取り敢えず
http://www.aljazeera.net/news/pages/7550446a-c206-4910-9935-a9ef43cb5e9a?GoogleStatID=1
http://www.aljazeera.net/news/pages/cf3f73ae-9473-4c03-a695-0678e1ff61c8?GoogleStatID=21