31日付のal arabiya net は、ナイジェリアの治安当局が、ヒズボッラーのテロ細胞を敵はついたと発表したと報じています。
それによると、逮捕されたものの総数は不明ですが、記事によると3名が逮捕されているとのことで、彼らはいずれもレバノン人です。
5月16日一人が逮捕され、彼の供述から、数日後出国しようとしていたもう一人がたいほされ、26日に3人目が逮捕されたとのことです。
又、彼らの供述から北部の町カノの住宅で、ヒズボッラーの武器庫が発見されたが、それはRPG,爆発物、対戦車地雷、ロケット砲等を含んでいるとのことで、彼らはイスラエルおよび西側の権益を攻撃することを計画していたとのことです。
記事はまた、ナイジェリアの北部のムスリム地方には前から多くのレバノン人が居住し、その中にはヒズボッラーの要員もいたとして、治安当局は警戒していたと報じています。
ヒズボッラー要員の点はさておいて、西アフリカに従来から重要なレバノン人のコロニーがあったことは事実で、その意味では荒唐無稽の話ではありませんが、発表のタイミングが興味をそそるところです。
http://www.alarabiya.net/ar/2013/05/31/نيجيريا-تعتقل-ثلاثة-لبنانيين-تشتبه-في-صلتهم-بحزب-الله.html