スーダンにおける騒擾は既に2度ほどお伝えしましたが、どうもその後も状況は回復していないようで、al jazeera net は政府談として、4日間の群集と警官隊との衝突で29名が死亡したと報じていますが、反政府筋によると死者の数は60名を超すとしています。
他方al arabiya net は反政府筋では死者の数を3日間で141名としていると報じています。

どの数字が実際に近いのかは不明ですが、少なくとも30名以上の死者が出たことは事実のようで、今後のスーダンの状況が注目されるので、取り敢えず。
因みに国連総会出席のため米国の査証を求めていたバシール大統領は出席を取りやめたとのことですが、スーダンのように大統領に実権が集まっている国では、このような状況では国連総会出席はそもそも無理でしょう。
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2013/09/26/مصادر-طبية-29-قتيلاً-خلال-3-أيام-من-المظاهرات-بالسودان.html
http://www.aljazeera.net/news/pages/2505198e-ed55-4d9a-90f0-6b515063c797