昨夜拙い「分析」など書いたとたんに、3日間の停戦が合意されたとのこと(それにしても国連事務総長もさることながら、ケリー長官の奮闘ぶりはすごいですね。彼のタフな頑張りぶりには感心します)、これが今後の本格停戦、和平へのきっかけになると良いですね。

その点では、カイロでイスラエルとパレスチナが協議することになっていますが、イスラエル紙のネットによれば、イスラエル側はシンベト長官、IDFの政策・政治軍事局長を含む代表団が既に7月30日到着済みで、パレスチナ側はアッバス議長に率いられ、ハマス及びイスラム・ジハードの幹部を含む代表団が31日到着の予定とのことです。

他方、同じくイスラエル紙のねっとは、IDFが16000名の予備役を追加招集したと報じており、これで招集された予備役兵は86000名となり、交代要員等として作戦遂行の時間に対応するものだとして、IDFの作戦が長期化する可能性のあることも示唆しています。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4552735,00.html
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4552607,00.html
上記ニュースは既に既報かと思いますが取り敢えず