al arabiya net はunesco(国連の児童救済機関)およびILO(国際労働機関)とレバノン労働省の調査によると、レバノンには1500名のstreet childrenがいるが、その4分の3はシリア難民の子供だと報じています。
彼らの年齢は10〜14歳で、そのうち43%は物乞いをし、路上物売りが37%で、彼らの平均の収入は日に12ドルとのことです。
またレバノンのシリア難民の半数は子供だが、そのうち学齢児の数は40万人を越えている由
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2015/02/17/يونيسيف-أطفال-سوريا-يتسولون-في-شوارع-لبنان.html
昔昔その昔シリアで下宿していた時の家族の子供たちも、皆親思い、兄弟思いで、良く両親を助けて働いていた事を思い出し、誠に胸が痛む話です。