リビアに対する軍事介入が切迫しているとの報道が多数みられますが、al jazeera net は米国とイタリアは、リビアの統一政府ができなくとも、リビアに対する軍事介入をする準備を始めていると報じています。

他方al arabiya net は、来週2月2日にローマで、反IS連合諸国がリビア介入をめぐり会合を開くと報じています。
それによると参加国は、米国、英国、イタリア、仏、独、ベルギー、ノルウェイ、スペイン、スウェーデン、オランダ、デンマーク、オーストラリア、NZ,カナダの他、サウディ、カタール、エジプト、バハレン、ヨルダン、UAE,クウェイト、トルコで、EU代表及び国連も参加する予定の由。
米国務省は、会合は外相レベルで、リビアに対する介入の可能性について検討するが、介入の場合には、イタリアが指揮することになるとしています。
http://www.alarabiya.net/ar/north-africa/algeria/2016/01/29/الجزائر-تعديل-الدستور-يُعرض-على-البرلمان-.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2016/1/30/استعداد-لتحرك-عسكري-دولي-ضد-تنظيم-الدولة-بليبيا
もちろん、リビアの統一政府樹立の動きとか、まだまだ情勢は流動的だろうと思いますが、どうもここまでくると、米国等のリビア介入は必至かという感じが出てきます。
そういえば、リビアのトリポリ政府の軍司令官haftar 将軍が目下エジプトを訪問中のはずですが、ヤアhㇼこれらの動きと関係があるのでしょうね?