本日はどこのアラビア語メディアも、モースル作戦の話が主な話題ですが、一方で作戦は予定通りに進行しているというペッシュメルガやイラク軍筋の話があるが、他方モースル近辺での戦闘でISは激しい反撃を試みており、広範な地下壕も見つかっており、政府軍等がモースル市街に到達するには2〜3週間かかり、モースルの完全制圧にはさらに3月程度は必要だろうとの慎重な見方が増えている模様です。
いずれにしてもモースル作戦の最新情報は、まずは多数の特派員を現地に送っているCNNとかBBC放送をご覧ください。

しかし、中東ではモースル作戦やらISのテロが生活の全てではないことは勿論で、日常の生活も普通に行われていますが、その意味ではアラブの春の先駆けとなったが、そのご外国人観光客を狙ったISの大規模テロが2度も生じ、現在も治安維持の課題を抱え、観光業が大被害を受けrているチュニジアで、今年の棗の収穫が例年になく好調で、輸出も昨年比10%増で、その収入も歴史的な増加を見たというニュースは、ある意味ではささやかなニュースですが、明るい話です。
aljazeera net は2015〜1016のチュニジアの棗の輸出は11万トンで、それからの収入が21億ドルに達したが、これは歴史的な輸出増であると報じています。
これはチュニジア農水省の発表によるもので、それによると対前年比、数量にして10%増、金額にして2・8%の増(ということは価格は若干下がったのか?)だったとのことです。
チュニジアの棗は82国に輸出されているが、最大の輸入国はモロッコで2万9800トン、ついで仏で9800トンでスペイン、イタリアがこれに続いている由。
またチュニジアの棗の生産は全体では24万2000トンであったが、そのうち18万2500トンが世界最高級とされるdaqla nur の由。
また棗の生産は主としてチュニジアの南部の由
http://www.aljazeera.net/news/ebusiness/2016/10/19/صادرات-قياسية-للتمور-التونسية