先日、リビア経由のアフリカからの欧州向け難民のルートが困難、危険になったので、モロッコからスペイン経由の難民(不法移民)が急増しているというニュースをお伝えしましたが、リビア経由のルートはさらに困難になりそうです。

al arabiya net は、イタリア内務省が15日、アフリカからの不法移民を規制するために、リビア南部での統一政府(セラージュの政府)を助けるための合意書に署名したと報じています。
この合意は、EUの資金でリビア南部の国境地帯に、不法移民を規制するための国境警備隊のロジ的基地を建設するためのミッション派遣とのことです。
その基地には国連の代表も駐在する由(おそらくリビアによる難民に対する人権違反等の批判を避けるためと思われる)
それによると、この合意は今年の2月に、イタリア首相とセラージュが署名した、不法移民の規制に関する合意議定書に基づくものの由。
https://www.alarabiya.net/ar/north-africa/2017/09/16/إيطاليا-تنشىء-قاعدة-جنوب-ليبيا-للحد-من-الهجرة.html
アフリカからの難民(非合法移民)の流入の矢面に立っている、イタリアですから、なんとかその流入に歯止めをかけたいと、先にはトリポリへ技術支援(艦艇の修理等)のため、2隻の艦艇を送り、これに対してトブルク政府(要するにハフタル将軍)が、リビアの主権侵害として反発したことがありました。
今回の合意についてのハフタル将軍等の反応が注目されます