デリゾル方面でのロシアの空爆は依然激しく続いていて、民間人の死傷者も増大していますが、どうもこのあたりの戦闘が激しくなっているのはISがイラクから歴戦の戦闘員をシリア砂漠地帯に移したからとの報道もあり、シリアとかイランとか分けては考えられない状況が生じている可能性がありそうです。
断片的ですが、アラビア語メディアの報道取りまとめ、、次の通りです。
なお、ISの外国人戦闘員が1000名もシリアに移ったとの話は、十分あり得る話ではありますが、他に類似の報道は見当たりません。

・デリゾル近郊では、ロシア機の空爆で14名の住民が死亡した。
他方シリアのサナ通信は、政府軍がデリゾルの南東でISに対して激しい攻撃を掛けているとしている。

・デリゾル周辺のシリア砂漠で、先月末からISが激しい攻撃を仕掛け、政府軍に重大な損失を与えたのは、大きな衝撃であった。
mayadeen の町は、ISが死に物狂いで守って、政府軍の侵入を許していない。
シリア人権監視官によれば、このISの攻撃力の強化は、最近イラクからシリアに1000名のIS幹部と戦闘員が移動してきたからであるとして、彼らはウズベキスタン、タジキスタン、トルキスタン、アゼリ人等で、mayadeen での戦闘指揮を引き受けたが、彼らは現地アラブ人の戦闘意欲を信用していない由。

・他方ハサカでは、その南部でデリゾル等からの避難民が集まっているところをISに砲撃され、50名が死亡し、多数が負傷した。
大部分の死傷者はデリゾルの戦闘からの避難者であるが、クルドのシリア民主軍の兵士も含まれている由。
人道支援団体は東部シリアの戦闘は激しく、空爆で数百名が死亡したとしている。

・他方イラク側では、イラク空軍機が12日夜、al qaim とrawa等で、住民に対して、近くISに対する攻撃が始まるとのビラを数千枚散布した由。

http://www.alquds.co.uk/?p=807713
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2017/10/13/ألف-مقاتل-من-العراق-لدعم-داعش-في-دير-الزور-والبادية.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/10/13/عشرات-القتلى-بغارات-بدير-الزور-وتفجيرات-بالحسكة