キルクークの情勢は、ペッシュメルガの撤退で一触即発という状況は回避されたが、まだまだ情勢は予断を許さないと報告したかと思いますが、矢張り方々で両者の衝突があったり、イラク軍、特にシーア派民兵によるクルド人の抑圧の他、旧イラク軍士官の暗殺等が起きていて、まだまだ平静な状況とはほど通り模様です。

・このような中で、両者の調停に努力してきた米国は、イラク政府に対して、情勢鎮静化に努力し、ペッシュメルガと合意した以外の地域には軍やシーア派民兵を進めないように呼びかけたとのことです。
(現地情勢・・・政府軍が攻勢的になっている…に鑑みての呼びかけでしょうか?)

・クルド自治区の南の境界に近い地域で、イラク軍等とペッシュメルガの間で激しい衝突が生じた。
地元筋の話によると、トルコマンが多数を占める境界に近い町altoun kobrah の町で起きた衝突について、ペッシュメルガは、イラク軍とシーア派民兵がクルドの首都アルビルに進撃しようとしたと非難し、この前進を阻もうとした砲撃で橋が大きな損害を受けたとしている由。
これに対してイラク側はペッシュメルガが橋を壊したと非難している由。
キルクーク病院では、イラク軍とシーア派民兵の遺体30と負傷者100名を受け入れた由。

・キルクークでは何者かによる(おそらくはシーア派民兵か?)による暗殺が続いている。
旧イラク軍(サッダムフセイイン時代の軍)の空軍パイロットが家族の前で何問かに射殺され、同じ旧軍隊差も何者かに射殺された。
どうやら暗殺するもののリストが出回っている模様である。
・またシーア派民兵は、宗教指導者、政治家、ジャーナリスト、活動家等を多数逮捕し得ている。逮捕の理由は、イラク軍や民兵がキルクークを占拠したことを批判したとためとか・・
キルクーク議会議長は、シーア派民兵が町を征服したと非難していた。
このような状況で、中立系のサドル師の率いる民兵は、キルクークの平静を保つべく、キルクークに急行している由。

・シーア派の指導者シスタニ師(独立的立場か)はイラク政府に対して、クルド人の人心を守るために努力するように呼びかけた由。
http://www.alquds.co.uk/?p=812148
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/10/20/مواجهات-بين-البشمركة-والقوات-العرقية-جنوب-أربيل
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/iraq/2017/10/20/العراق-أنباء-عن-اشتباكات-مسلحة-في-كركوك.html