イスラエルでは、このままでいけばガザのハマスとの紛争は必然で、その場合、ハマスがイスラエルへの浸透のために掘っている地下トンネルを巡る戦闘が重要になるとの報道が多数見られました。
このため、イスラエル軍IDFは、既存のトンネルを破壊する作戦を進めると同時に(最近の作戦では10月30日だったかに、イスラエルへの検問所近くで、大規模なトンネルを爆破した事件があった)、境界線に沿って地下深く障害壁を築く工事を進めてきたようです(65劼龍界線のうち4劼砲弔い憧偉擦靴人魁
この問題についてy net news は、IDF南部司令部(ガザ等担当)の幹部の話として、最近の地下トンネル発見技術の進歩に伴い、地下壁等の障害物の設置以前にも、トンネルの在りかの発見は容易になり、その破壊も容易になったので、トンネル作戦は時代遅れとなったと語ったと報じています。
彼は更に、ハマスとしては巨費を投じて進めてきたトンネル作戦が、時代遅れとなったことに大きく失望しているが、今後はこれに代わってミサイルの製造、貯蔵の増大、海軍コマンドの育成等に力を注ぐであろうと見ているとした由。
彼もガザの現況が極めて悲惨なことは承知しているが、その解決のためには国際的な開発が進まない限り、ガザの安定は来ないと見ているとしている由
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5073518,00.html

何しろ、これまでIDFにとって頭痛の種であった地下トンネルですから、この記事も「地下トンネルは時代遅れ」という宣伝で、ハマスの今後の地下トンネル建設をけん制する情報戦の可能性もありますが、取りあえず