本日はイスラム諸国の多くで、ラマダン明けの祭日を迎えるようですが、ガザでは焼夷凧及び風船の日となりそうです

  • al qods al arabi net は、ガザの活動家が14日記者会見を開いて、この金曜日には数千の焼夷凧と風船をイスラエルに飛ばすと警告したと報じています。活動家たちは6000の飛翔焼夷物を用意しているとのことで、イスラエルのガザ封鎖解除に数日の猶予を与えるが、その後はガザ周辺のイスラエル人に火災による封鎖の恐怖を味わわせると宣言した由。
  • これに対してイスラエル国防軍(IDF)は14日、ガザの風船や凧の製造所に対して空爆を加えた由。はじめは警告の爆撃であったが、後刻、実際に目標物に対して攻撃した由。パレスチナ人側の被害は不明。
  • 他方PLOのアッバス議長は、ラマダン明けの祭日には、現在の状況に鑑み、宗教的な行事以外の祝い(デモ等のことか?)は認めないと声明した由。
  • 国連では、先般の国産総会のパレスチナ人保護決議を受けて、何ができるか検討している由。(総会決議で何ができると言って、英語で言えばprecious little というところでしょう)
http://www.alquds.co.uk/?p=955073
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5287254,00.html