al arabiya net とal jazeera net は、hadi大統領が14日夕、イエメンの臨時首都のアデン(首都サナアは反乱軍hothyグルプの支配下にある)に帰還したと報じています。

彼のアデン帰還は1年4ヵ月ぶりのことだとのことですが、ちょうどラマダン休暇とホデイダ攻略戦の開始のタイミングでの帰還で、al arabiya net (サウディ系)は、hadiがサウディ等の支援でホデイダの奪還は目前だが、ホデイダ奪還はイエメン内戦の転換点になると声明したと報じています。

この程度の話ならニュース価値もない(実はこの話は昨夜報じられていた)が、al jazeera net は、タイミングを合わせたかのようにサウディのhadi 引き下ろし計画が暴露されたと報じています。

それによるとintelligence on lineとかいうネットが、サウディがhadi の前大統領サーレハの息子アハマド と差し替える陰謀を計画していて、湾岸の情報筋によれば、アハマドは近くサウディを訪問して、皇太子と会談する予定であると報じていると伝えています。

https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/yemen/2018/06/14/الرئيس-اليمني-يصل-عدن-للإشراف-على-معركة-الحديدة.html

http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/6/14/المخابرات-المصرية-والأميركية-تساندان-الرياض-بهجوم-الحديدة

そもそもサウディがhadi の差し替えを計画しているのであれば、なぜ今頃になって彼のアデンへの帰還を認めたのか?の疑問があるし、アデンは確か今でもUAEの実質的な支配下にあるはずなので、そんなところに帰って、、hadiが何をしようとしているのか、どうも不思議な話が続きます。
確か先にUAEはサーレハの系列でも,むしろその甥を担ごうとしていたとの噂があったところで、とにかく眉唾の話が続きます。