最近欧米の報道ではイタリアの新政権の移民に対する強硬策の影響で、救出された移民(かっては難民と称されていたが、どうも最近は移民という表現が多く使われている模様)を載せた船が、行先が無くて翻弄されているという話でもちきりだが(少し前はイタリアが入港を拒否した船がはるばるスペインのバレンシアまで行ったが、現在1隻の入港を巡ってイタリアとマルタが争っている模様)、国連難民人権高等弁務官UNHCRによれば、リビア沖で舟艇が転覆したりして、溺死する移民の悲劇が増大しているとのことです。

これはal qods al arabi net がUNHCRの言として伝えるところで、この数日間でリビア沖(難民、移民船の出発場所)で220名もの移民が溺死した由。
UNHCRによると19日、転覆した舟艇に乗っていた10名のうち5名だけが救助された由
また同日130名が乗ったゴムボートが転覆し、70名が死亡した由
また別のボートでも50名が死亡した由
UNHCRは、増大する難民、移民の溺死に重大な懸念を表明して、国際社会が迅速に行動し、支援に当たるNGO等を支援するように呼びかけた由
https://www.alarabiya.net/ar/north-africa/2018/06/21/الأمم-المتحدة-غرق-220-مهاجرا-خلال-أيام-قبالة-ليبيا.html
しかし、先ほど見たBBCニュースでもイタリアの強硬派の内相は意気軒昂で、NGO等が不法に移民をイタリアに入れる場合には法的措置もあり得ると発言していたが、EUではハンガリアの強硬な反移民法の成立、ドイツ内の移民に対する反感の増加等、むしろ状況はUNHCRの呼びかけとは逆の方向に向かっているように思われます。
いずれにしても、今後夏の季節を迎え、移民、難民問題は今年もEUにとっては頭の痛い問題となりそうです