昨日13日は金曜日ですが、例によって、パレスチナ民衆のイスラエル境界への抗議行進があり、イスラエル国防軍(IDF)の発砲、催涙ガスで、15歳の少年1名が死亡し、al qods al arabi netによれば、68名が負傷しました。
(これで抗議の行進が始まって以来の死者は138名、負傷者は15000名に上る由)
またヨルダン川西岸でも各地で抗議デモがあり、IDF等との衝突で負傷者が出ている由。

なお現在もカイロでハマスとエジプト当局との協議が続いている模様ですが、ハマスの政治局員は、ハマスとPLOとの和解に関するエジプトとの協議については、これまでのところ極めて満足していると語った由。
(具体的な内容は不明。また、毎週生じる死傷者、更にはIDFが…先日報告の通り・・・・更なる強硬な軍事的対応を考えているらしいことから、パレスチナ間の和解も重要だが、ガザ境界の緊張緩和が緊急の問題かと思われ、エジプトも当然その問題には重要関心を有していると思われるも、その辺のニュースはない)

http://www.alquds.co.uk/?p=973822
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2018/07/13/مقتل-فلسطيني-برصاص-إسرائيلي-شرق-غزة-.html