サウディ等の空爆で児童少なくとも27名を含むタスのイエメン人が死亡、さらに負傷した事件で、国連事務総長等が厳しい声明を出して、厳正な調査を要求したことは先に報告しましたが、al jazeera net は10日、安保理が、厳正な調査方要求したと報じています。
今月の議長国である英代表は、信頼できる調査が行われなければ、安保理は明確な形でその要求を示すことになろうと語ったよし。
なお、この安保理審議は、ボリビア、オランダ、ポーランド、スウェーデン、ペルーの要請により開かれたものの由。

但し、記事によれば、この安保理の要求とやらは、安保理決議でないことは勿論、何らかの公式声明でもなく、非公式協議の後に議長等が語ったところのようですから、公式の安保理の要求とは言えないと思います。

なにしろ安保理では、英米仏等の3常任理事国(いずれも拒否権を有する)がサウディ支持または理解者ですから、決議案などと言う話になると、これら常任理事国の意向に大きく左右されるので、おそらく何らかの形で、調査要望を表明することが先決と考えられたものかと推測されます。
取り敢えず
http://www.alquds.co.uk/?p=992387