ヨルダンの中部のal salat の町で、治安部隊と過激派の衝突があったことは昨日お伝えしましたが、アラビア語メディアはヨルダン国王が、この事件について、ヨルダンは無法者(khawarij と言う言葉を使っているが、「法律等」の枠外にいるものの意味か)による、治安部隊の殺戮計画に直面しているとして、激しく事件の関係者を非難し、ヨルダン政府は彼らに対して「容赦なく」厳しい立場で臨むと警告したと報じています。
国王は12日国家安全保障評議会の会議を主催し、この警告を発した由。
また、首相も軍、治安部隊関係者と複数の危機対策会議を開き、広範な掃討作戦を指揮するとともに、事件に関する調査を行っている由。
ヨルダン政府は、過激派が治安部隊を殺戮すべく大規模なテロを計画していたとしているも、現在の所、al fahis で過激派が治安部隊の車両に爆薬を仕掛け警官1名が死亡し、その後al salat で、彼らが立てこもったアパートを包囲した治安部隊とh銃撃となり、その後警官が踏み込もうとしたところ、爆発が起き、警官4名(当初3名死亡、のち負傷者が1名死亡の由)が死亡し、過激派5名が逮捕され、民間人を含む21名が負傷し、過激派3名の遺体が発見された事件とのことで、調査が継続中であるので、何とも言えないが「大規模テロ事件」とまで言えるのか?おそらくは未だ背後に計画に関係して者がいることが示唆されているかと思われます。
また政府から漏れてきた情報では、彼ら過激派はより大きなテロ集団と関係していて、その集団はISの可能性が強い由
取り敢えず
http://www.alquds.co.uk/?p=993551
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/8/12/ملك-الأردن-سنقاتل-الخوارج-بلا-رحمة