サウディ系のal arabiya net は、イラン軍(革命防衛隊か?)が、イラク内の反イラン政府クルド勢力を砲撃したこと、また合わせてイランのクルド政治犯に対する死刑執行に抗議して、イランのクルド地域が店舗を閉める等の抗議活動をしていると報じています。


抗議活動の規模はともかく、上記の事実関係はおそらく間違いないところだと思いますが、記事の一つが、イランの攻撃が、バスラのイラン総領事館焼打ち事件の1日後に行われたとして、あたかもイラン総領事館焼打ちがクルド勢力により行われ、砲撃はそれに対する報復であるかのごとき報道をしていることが気になります。


気が付いた限りでは、現在の所、バスラの総領事館焼き討ちとクルドを直接結び付けるようなニュースは見当たりません。
それはともかく、取り敢えず、関連記事の要点取りまとめ次の通り。

・イランのクルディスタン県の県都sanandaj(アラビヤ文字からの訳)はじめ複数の都市で、クルド人政治犯の死刑執行及び、イラク内のイランの反政府クルド政党(複数)の拠点に対する攻撃に対する抗議として、ゼネストが行われ、多くの店舗が閉鎖されている。

・イラン政府は9人の政治犯を死刑執行したがそのうちの6名はクルドの政治犯であった(死刑執行の日時は不明)。

・イラン軍はバスラのイラン総領事館が焼打ちにあった次の日に、イラン国境から65卉賄世砲△襦▲ぅ薀鵑糧神府クルド組織「クルディスタン民主党」の施設を攻撃した。
攻撃は2日続けて激しく行われ、14名死亡し、42名が負傷した。
攻撃が砲撃によるのか無人機ドローンによるものかは不明の由。


https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/iraq/2018/09/08/بعد-حرق-قنصليتها-بالبصرة-إيران-تقصف-شمال-العراق.html
https://www.alarabiya.net/ar/iran/2018/09/12/كردستان-إيران-اضراب-عام-احتجاجا-على-قصف-مقرات-الأحزاب.html
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/iraq/2018/09/12/مقتل-وإصابة-العشرات-بالهجوم-الإيراني-على-شمال-العراق.html


確か、現在までの所、イラン総領事館焼打ちが誰によるものかは不明だが、仮にクルド反政府組織によるものとすれば、一連の事件のつじつまは合うが、何しろ記事がイランと敵対するサウディ系のものですから、正直なところ真偽のほどは不明です。