トルコは通貨の暴落、インフレ等の経済危機に直面しているところ、hurryiet net は、トルコ中央銀行が13日その貸付利子を、これまでの17.75%から24%に上げると発表したと報じています。

中央銀行は、今後とも価格安定を重視し、タイト・マネー政策(金融引締め政策)を維持するとして説明した由。

トルコリラは、この決定後、対ドルで2週間ぶりに1ドル6.01リラのレベルを回復した由。

他方エルドアン大統領は、中央銀行は独立で、その決定を自ら行うとしつつも、その引き締め政策に対する不満を表明した由。