昨日は金曜日で、恒例の(という言い方は酷いが)帰還のための行進が行われ、13000名とも言われる群衆が境界線に向けてデモ行進し、イスラエル国防軍(IDF)の発砲で、児童(12歳の由)を含む3名が死亡し、80名とも11名とも120名ともと言われるパレスチナ人が負傷した(興味深いことに、これらの数字の中で、最大の120名というのはhaaretz net がガザ保健省の数字として報じているもの)とのことです。

これらの状況はal qods al arabi net ,al jazeera net ,haaretz net が報じているところ(al arabiya net は、サウディ系の所為か否か、気付いた限りでは特に取り上げていない)、これで2ヵ月以上も毎週金曜日になると、恒例のようにデモ行進が行われ、複数の犠牲者(最近では児童の割合も多い)が出ていますが、デモを組織する連中は、このデモから何を得ようとしているのでしょうか?

このような形の圧力で、ネタニアフやトランプがその政策を変更するとでも思っているのでしょうか?
虚しい犠牲と言ったら言い過ぎでしょうか?