エジプトではコプト教のクリスマスに合わせて、過激派がテロを行う可能性が強いとして、治安当局が厳戒体制を敷いていましたが、矢張りカイロの教会の前に置かれた爆弾が爆発し、警察士官1名が死亡し、1名が負傷する事件が起きたとのことです。

アラビア語メディアによると、カイロの東のナスル市の教会前に、怪しいカバンが置かれているとの通報があり、警官が調べたところ、3個の道路爆弾が入っていて、これを処理していた時に爆発が生じ、1名死亡、1名が負傷したとのことです。
置換当局によると、爆弾は6日の夜爆発するように仕掛けられていた由。
現在のところ、犯行声明は出ていない模様
取りあえず
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/egypt/2019/01/06/مصر-مقتل-ضابط-واصابة-شرطي-بانفجار-أمام-كنيسة-.html
https://www.alquds.co.uk/%d9%85%d9%82%d8%aa%d9%84-%d8%b6%d8%a7%d8%a8%d8%b7-%d8%a5%d8%ab%d8%b1-%d8%a7%d9%86%d9%81%d8%ac%d8%a7%d8%b1-%d8%b9%d8%a8%d9%88%d8%a9-%d9%86%d8%a7%d8%b3%d9%81%d8%a9-%d8%a8%d9%85%d8%ad%d9%8a%d8%b7-%d9%83/