ISのシリア東部の最後の拠点が陥落しましたが、昨日の記事でも書いた通り、今後のISの動向については多くの課題が残っているところ、その一つはISの首領と言うか指導者、al baghdadi (バグダディ)の行方です。

何しろ彼が残っていることには、また彼の周りに過激派が結集する可能性もあり、他方彼が死亡した場合には、殉教者として、これまた過激派を引き付ける可能性がありそうです。
いずれであれ、今後の彼の動向はIS、ひいては過激派の動きに影響しそうです。

現在のところ、彼がどうなったかについての確たる情報はなさそうですが、アラビア語メディアは、
  • 一つは、シリア人権網は、彼らの得た情報筋の情報によると、al baghdadi はal baghuz の地下壕に潜んでいると語った由。
  • もう一つのメディアは、al baghdadiは砂漠地帯の洞窟に潜んでいる可能性があるが、専門家によれば、彼が常に側に置くのは、彼の兄、運転手兼護衛、メッセンジャーの3名だけであるとしています。
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2019/03/23/معلومات-استخباراتية-للمرصد-قادة-لداعش-في-أنفاق-الباغوز.html
https://www.alquds.co.uk/%d8%a3%d8%a8%d9%88-%d8%a8%d9%83%d8%b1-%d8%a7%d9%84%d8%a8%d8%ba%d8%af%d8%a7%d8%af%d9%8a-%d9%85%d9%86-%d9%85%d9%86%d8%a8%d8%b1-%d8%a7%d9%84%d8%ae%d9%84%d8%a7%d9%81%d8%a9-%d8%a5%d9%84%d9%89-%d9%83/