スリランカの教会やホテルに対するテロ(確か死者が300名を越えた模様)については、徐々に情報が出始め、インド治安当局等から事前に警戒情報が伝えられたにもかかわらず、スリランカ当局が特段の措置を講じなかったとかの非難が出始めている模様です。

イスラム過激派のテロに関しては、al qods al arabi net が、イスラエル治安当局がシナイ半島にイースター休暇できているイスラエル人観光客に対して、テロン危険が強いので、即刻帰国するように勧奨していると報じています。
それによると、シナイ半島はイスラエルから近く安い観光地として人気が高く、現在でも数千名のイスラエル人が滞在しているが、イスラエル治安当局は、この地域の安全問題については密接にフォローし、ISやアルカイダ等の過激派の動向は良く把握しているので、繰り返しイスラエル人には、シナイ半島を避けるように警告しているが、現在でも多くのイスラエル人が家族の生命を危険にさらしているとして、即時引き上げを勧告している由
また現在のところ、エジプトとの国境検問所タバは閉鎖されていないが、今後の状況では閉鎖もあり得るとしている由
https://www.alquds.co.uk/%d8%a5%d8%b3%d8%b1%d8%a7%d8%a6%d9%8a%d9%84-%d8%aa%d8%af%d8%b9%d9%88-%d9%85%d9%88%d8%a7%d8%b7%d9%86%d9%8a%d9%87%d8%a7-%d8%a7%d9%84%d9%85%d8%aa%d9%86%d8%b2%d9%87%d9%8a%d9%86-%d9%81%d9%8a-%d8%b3%d9%8a/

今回イスラエル当局が、どのような具体的なテロ情報を有しているのかは、勿論不明ですが、「即時帰国」と言う警告はあまり聞かないので、取りあえず念のため