中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

スーダン

スーダンの騒擾

昨年12月19日からだったか、パンの値上げに反対する抗議デモがきっかっけで、バシール大統領の退陣を求める動きにも発展したスーダンの、抗議デモは21日も行われ、先週負傷した青年1名が死亡したことから、公式発表でも死者は27名に上るとのことです
(人権団体によれば、死者は40名を超えるとのこと)
このような中で、労働総同盟,各種野党は、バシールの退陣を求めて22日、24日もデモを続ける予定で、支持者に参加を呼び掛けている由
他方大統領等政府は、不穏分子が群衆に紛れこんで破壊活動をしていたと非難したが更に共産党及び左派政党が破壊活動にかかわったと非難した由。
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2019/01/22/السودان-دعوة-لتظاهرات-ليلية-وجرعة-تهدئة-من-المؤتمر-.html
https://www.aljazeera.net/news/politics/2019/1/21/السودان-احتجاجات-ضحايا

この様子では、スーダンの抗議活動は収まるどころか、今週金曜日にかけて、さらに拡大する可能性もあり、注目されます。










スーダンの騒擾

カルツーム(スーダンの首都)では、物価高騰、失業等経済問題からバシール政権の退陣を求める抗議デモが連日続いているところ、17日の警官との衝突による死者は3名に増加し(尤も、al sharw al awsat net によれば、警察は3日と目の死亡を否定し、死者は2名であるとしているとしている由)、これに対し昨日18日の金曜日には、金曜礼拝後の葬列が、抗議デモとなり、数千名が参加し、警官隊は催涙ガスで、彼らを解散させた由。
またカルツーム以外の町でも抗議のデモが行われている由。
今後の情勢について最大野党のオンマ党の議員は、al shaq al awsat に対して、このままでいけば、更に抗議が続き、拡大する可能性が強く、そうなった場合、軍隊は抗議に参加する可能性があり、大統領がその機会を捕まえて、官製クーデターを行う可能性があるとした由

他方、al qods al arabi net は、ある議員が、青年たちが抗議しているのはパンのためや燃料費のためではなく、彼らは結婚したいからで、この問題を解決しなければあらないと語った、と報じています。
(確かに中東では、多くの若者が結婚したくてもできない、という不満を有しているようですが、スーダンの抗議運動との関係で、この話は突然持ちあがり、他に同様の記事もなく、そういうことがあるのか否か、判断の材料もありませんが、取りあえず、ご参考まで)

https://www.alquds.co.uk/%d8%a8%d8%b1%d9%84%d9%85%d8%a7%d9%86%d9%8a-%d8%b3%d9%88%d8%af%d8%a7%d9%86%d9%8a-%d8%a7%d9%84%d9%85%d8%aa%d8%b8%d8%a7%d9%87%d8%b1%d9%88%d9%86-%d9%8a%d8%b1%d9%8a%d8%af%d9%88%d9%86-%d8%a7%d9%84/
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2019/01/18/السودان-دعوات-لتظاهرات-حاشدة-تحت-شعار-موكب-التنحي-.html
https://aawsat.com/home/article/1551771/%D9%85%D9%88%D8%A7%D8%AC%D9%87%D8%A7%D8%AA-%D9%81%D9%8A-%D8%A7%D9%84%D8%AE%D8%B1%D8%B7%D9%88%D9%85-%D9%88%D8%A3%D9%85-%D8%AF%D8%B1%D9%85%D8%A7%D9%86

スーダンの騒擾(風刺画)

sudan先ほどスーダンの騒擾を報告しましたが、早速の風刺画です
題名は単純に「スーダン」です
崖っぷちに置かれたスーダンという文字が既に崩れつつあります。
今回は内戦とか分離運動とかではないので、このスーダンという文字はスーダン国家ではなく、バシール体制のことでしょう
https://www.alquds.co.uk/%d8%a7%d9%84%d8%b3%d9%88%d8%af%d8%a7%d9%86-2/




スーダン騒擾

スーダンでは、当初パンの値上げとか物価高、失業等経済的不満から始まった、抗議デモが4週目に入っても続けられ、昨13日もカルツームの北部で抗議デモがあったほか、抗議の動きはその他の都市にも広がっている模様です。
これに対して、治安部隊は催涙ガス等で対応しつつ、数百名を逮捕したとのことです
確かこれまでの死者も25名だったかに上る(報道によってはさらに多い)と記憶していますが、幸い13日には死者が出たことは報じられていません。
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/sudan/2019/01/13/قوات-الأمن-السودانية-تشتبك-مع-متظاهرين-بثلاث-مدن.html
https://aawsat.com/home/article/1544351/%D8%A7%D9%84%D8%B3%D9%88%D8%AF%D8%A7%D9%86-%D8%A7%D8%B9%D8%AA%D9%82%D8%A7%D9%84%D8%A7%D8%AA-%D9%88%D8%A7%D8%B3%D8%B9%D8%A9-%D9%81%D9%8A-%D9%85%D9%88%D8%A7%D8%AC%D9%87%D8%A9-%D8%AA%D9%85%D8%AF%D9%91%D8%AF-%D8%A7%D9%84%D8%A7%D8%AD%D8%AA%D8%AC%D8%A7%D8%AC%D8%A7%D8%AA

取りあえずのところ以上で、スーダンと言う若干遠い所で、我が国にとって大きな利害関係もないことからか、わが国ではあまり報じられていませんが、一つは経済的理由から始まった抗議が、バシール大統領(確か30年前のクーデターから継続して支配していたかと思う)の退陣を求める、政治的な抗議運動に転嫁しつつある模様なこと、またスーダンの地政学的な要因から、下手すると本年当たり、スーダンが中東・アフリカの大きな不安定要因になる可能性も無きにしも非ずということで、今後情勢を注目していこうと思っています。

政治r的には多くの野党が抗議を支持している上に、職能組合とか学生自治会等も抗議を支持している模様です。
地政学的には、スーダンは中東とアフリカの結節点にあり(エジプト、リビア、チャド、エチオピア、エリトリア、ケニア等は隣国になり、更に紅海にも面している)、周辺には不安定な国が少なくなく、これまでもスーダンがこれらの国の問題に関与しているとの報道も少なくなかったし、数年前にはイランとイスラエルがスーダンを巡って争っているとの報道もあったように記憶しています。
そのスーダン自体が、かってはダルフール紛争(そもそもバシール大統領はこの時の人道法違反容疑で、国際刑事裁判所に訴追されていて、中東・アフリカ諸国以外には旅行もできない状況にある)や、南スーダンの分離問題、内戦を抱えてきました。
その2つの問題は取りあえず治まってはいますが、南スーダンを失ったことで、石油収入の大部分を失い、経済的に苦境にあります。そのような状況が現在の抗議につながるのでしょう。
また、スーダンの内政は、(真面目にフォローしていないので何とも言えませんが)何しろ、バシールがクーデターで政権を握ったのが1989年だったかで、既にそれ以来30年になり、想像するに積年の独裁政権の抱える問題も山積していそうです。

新年早々、このような予測を流すのは気がひけますが、どうも引っかかるものであるので、一言だけ
こんな危惧は隠居老人の取り越し苦労ということならいいのですが・・・・
尤も正直に言えば、スーダンには勤務はおろか、ごく短期の1回の訪問を除いては、全く縁がなかったので、土地勘と言うやつが皆無ですので、頓珍漢なことを書く可能性もあり、おかしい所があればどしどしご指摘ください。








スーダンの騒擾

昨日のブログで、スーダンの騒擾は終息する方向ではないか?と書きましたが、どうやらこのような見方は時期尚早だった模様で、al arabiya net は、昨日9日の、首都カルツームの東のオム・ドルマンでの反政府派と警官隊との衝突で3名が負傷し、複数名が負傷したと報じています(al qods al arabi net では死者2名、重症者8名とのこと)警官隊は群衆を解散させるために催涙ガスを使ったとしていますが、医療機関によると、死者は銃弾が基とのことです。
取りあえず
前日までの死者は19名とされていましたが、野党等では38名死亡としている模様です。
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2019/01/10/السودان-مقتل-متظاهر-واصابة-آخرين-بالرصاص-في-أم-درمان.html
https://www.alquds.co.uk/%d8%a7%d9%84%d8%b3%d9%88%d8%af%d8%a7%d9%86-%d9%85%d9%82%d8%aa%d9%84-%d9%85%d8%aa%d8%b8%d8%a7%d9%87%d8%b1%d9%8a%d9%86-%d8%a7%d8%ab%d9%86%d9%8a%d9%86-%d9%81%d9%8a-%d8%a7%d8%ad%d8%aa%d8%ac%d8%a7%d8%ac/
livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
Categories
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ