中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

サウジアラビア

ホデイダを巡る攻防

ホデイダでは未だに空港等を巡る戦いが激しく続いている模様で、アラビア語メディアでもサウディに批判的なところでは、政府軍の攻撃は壁にぶち当たったなどと報道し、ホデイダの攻略は難しかろう、などと書いているところもありますが、これは先日までの政府側の過度に楽観的な発表と同じように、時期尚早で、現時点で戦闘がどちらに傾くのか軽々には判断できないような気がします。
ただ、戦闘の結果がどうであれ、改めてhothy軍の戦闘力と士気の高さと、政府軍のだらしなさが浮き彫りになっていると言えば、無責任なコメントですが、
アラビア語メディアから取りまとめたところ次の通り

・ホデイダでは、空港や南部を中心に激しい戦闘が続いているが、hothy軍が市の南部で、反攻作戦を行い、政府軍の補給線を切断した。
これに対して、政府軍はアラブ連合軍の空中援護の下で、激しく戦っており、大規模な増援部隊を送り込んでいる
・この戦線で、第2旅団(海岸平野ティハマ地域の民兵)の指揮官が、部下10名とともに戦死した
hothy側にも大きな損害が出ている模様
・アラブ連合空軍は、特にホデイダ空港に対して猛烈な攻撃を仕掛けており、17日20回の空爆をした由。空港ではその塀沿いに戦闘が続いている様子
(ということは明らかに空港を制圧したとの政府軍の発表は時期尚早であった)
・イエメン・メディアは、これまでの戦闘は、非住宅地で行われてきたが圧倒的な空中援護を受けた政府軍がこれだけ苦戦しているからには、ホデイダの制圧は難しいのでは?とのコメントが出始めている。
・確かホデイダの人口は25万以上だったかと思うが、国連によれば、これまで4400名が市内から避難した由
・国連のイエメン特使は、確か16日サナアに到着し、hoth側と協議を始めたが、hothy側の関係者によれば、特使はこれまでも提案されていたイエメン内戦の包括的解決を確認しただけで、新たな提案は持参しなかっ由。
またhothy責任者は、その中でhホデイダ市と港を国連に引き渡すとのアイデアは、戦場で失ったわけでもないところを引き渡すということは非現実的であると語った由
http://www.alquds.co.uk/?p=956277
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/yemen/2018/06/18/الشرعية-تقتحم-مطار-الحديدة-من-الجهة-الجنوبية-الغربية.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/6/17/عملية-الحديدة-تتعثر-ولا-جديد-بالمساعي-الأممية
















































サウディ初のオペラ座のこけら落とし

7dd11687-b6b4-4f5f-bbaf-e307313ae1ec_16x9_1200x676[1]サウディの改革もかなり進展しつつある模様です。

al arabiya net は、16日夕東部のダハランで、サウディ初の劇場(オペラ座と銘打たれた由。写真)のこけら落としがあったと報じています。
この劇場はアブデルアジーズ文化センターに設けられたもので、主要客数は900名の由。
なお、最初の演奏を行ったのは、1860年創立のロシアのマリンスキーオーケストラとのことです。

https://www.alarabiya.net/ar/saudi-today/2018/06/16/-انطلاق-أول-مسرح-أوبرا-في-السعودية.html





ホデイダ空港の制圧(イエメン)

ホデイダ攻防戦では、この朝方政府軍が空港の一部を制圧したとのニュースをお伝えしましたが、アラビア語メディアは、その後いずれも政府軍がホデイダ空港を制圧したと報じています。
これはイエメン軍報道センターが発表したもので、alarabiya net は空港内の破壊された複数の建物の写真も掲載しており、まず間違いなさそうです。
また政府軍の工兵部隊は早速空港の地雷、爆発物の処理作業を開始した由。

これに対してhothy軍は政府軍に甚大な被害を与えたとして、その車両20両を破壊したと発表した由。
またAPは、これまで3日間の戦闘で、双方に280名の死者が出ていると報じている由。

国連等は民間人の被害に重大な懸念を表明してきたが、現在までのところまとまった被害の報告はない模様。

https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/yemen/2018/06/16/اليمن-تحرير-مطار-الحديدة-والبدء-بنزع-الألغام.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/6/16/الجيش-اليمني-يعلن-تحرير-مطار-الحديدة
http://www.alquds.co.uk/?p=955694

ホデイダ空港はホデイダとサナアを結ぶ幹線道路を扼する場所にある由にて、その制圧はhothy部隊の補給、増援能力を大きくそぐことになりそうだが、さらには爆発物撤去後は、攻撃ヘリや更には航空機の基地としてmも活用されそうで、今後のホデイダの制圧を促進する効果があるように思われます。
勿論市の中心部や港では、込み入ったか所でのhothy部隊の強硬な抵抗が予測はされるものの、ホデイダが制圧されれば、イエメン内戦の転換期となる可能性があるべきにつき、取りあえず。

ロシアのサウディに対する大勝(ワールドカップ)

1395[1]またワールドカップの季節がきましたが、ロシアでの今年のワールドカップは14日に始まり、開催国ロシアとサウディチームが対戦しました。
邦字紙も大きく報じたように、試合はロシアが5対0という大差で勝ちましたが、オープニングと最初の試合はサウディの皇太子がプーチンと並んで観戦していました。
ところが、サウディの5対0という大敗に、皇太子は愕然として、握手を求めたプーチンに作り笑いで応じたとのことです。
プーチンにとっては政治的には余りの大勝は、若干都合が悪いというところでしょうか?

http://www.alquds.co.uk/?p=955417

hadi大統領のアデン帰還

al arabiya net とal jazeera net は、hadi大統領が14日夕、イエメンの臨時首都のアデン(首都サナアは反乱軍hothyグルプの支配下にある)に帰還したと報じています。

彼のアデン帰還は1年4ヵ月ぶりのことだとのことですが、ちょうどラマダン休暇とホデイダ攻略戦の開始のタイミングでの帰還で、al arabiya net (サウディ系)は、hadiがサウディ等の支援でホデイダの奪還は目前だが、ホデイダ奪還はイエメン内戦の転換点になると声明したと報じています。

この程度の話ならニュース価値もない(実はこの話は昨夜報じられていた)が、al jazeera net は、タイミングを合わせたかのようにサウディのhadi 引き下ろし計画が暴露されたと報じています。

それによるとintelligence on lineとかいうネットが、サウディがhadi の前大統領サーレハの息子アハマド と差し替える陰謀を計画していて、湾岸の情報筋によれば、アハマドは近くサウディを訪問して、皇太子と会談する予定であると報じていると伝えています。

https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/yemen/2018/06/14/الرئيس-اليمني-يصل-عدن-للإشراف-على-معركة-الحديدة.html

http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/6/14/المخابرات-المصرية-والأميركية-تساندان-الرياض-بهجوم-الحديدة

そもそもサウディがhadi の差し替えを計画しているのであれば、なぜ今頃になって彼のアデンへの帰還を認めたのか?の疑問があるし、アデンは確か今でもUAEの実質的な支配下にあるはずなので、そんなところに帰って、、hadiが何をしようとしているのか、どうも不思議な話が続きます。
確か先にUAEはサーレハの系列でも,むしろその甥を担ごうとしていたとの噂があったところで、とにかく眉唾の話が続きます。
livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ