中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

アフリカ

ジブチ・エリトリア関係

カタールPKO軍の撤退に伴うジブチーエリトリア間の緊張については先にお伝えしまいたが、国連安保理は19日、両国に対して国際法と慣習にのとった、平和的解決を呼びかける議長声明を発出した由。
この議長声明では、安保理はアフリカ統合(昔のアフリカ統一機構のこと。EUに倣って名前を変えたが、もちろん「連合」などという実態は皆無)が平和維持軍を派遣する用意があると表明したことを歓迎した由
http://www.alquds.co.uk/?p=740603
おそらくはアフリカ連合がPKOを国境地帯に派遣することで、とりあえず落ち着きそうですが、すでにアフリカ統合AUは多くの地域にPKOを派遣していて、十分訓練された兵員が不足し、装備も劣悪で、ロジ支援も不十分で、そのメンバーのレイプとか多くの不祥事も報道されていて、アフリカの問題はアフリカに任せておけば良い、ということには必ずしもならないのが実情のようです。



ジブチ・エリトリア問題(サウディ軍の派遣?)

カタール問題に関連して、これまで紅海沿岸のジブチーエリトリア国境に駐留していた、カタール軍が撤退し、その後にエリトリア軍が侵入したというニュースは先に報告しました。

この問題に関して、al qods al arabi net は、その後釜としてサウディ軍がPKOとして派遣されることが検討されているとの題名の記事を掲げています。
カタール軍の後にサウディ軍とは随分急な動きだな、と思って記事を読んだら、中身としてはリヤドの外交筋によると、サウディ政府はサウディ軍をPKOとして派遣するか、PKOとして派遣されるべきアフリカ軍を支援するか等の可能性を検討していて、現在各方面と連絡中であるとのことでした。
また同記事は、エチオピアの要請により、17日安保理が非公式協議を行っているが、アフリカ連合はこの問題についてジブチ・エリトリア両政府と緊密に連絡を取り、平和的解決に向けて協議中であるとも報じています
http://www.alquds.co.uk/?p=739334
どうも早合点しかねない記事の題名で、今後どういう方向に動くのかは不明ですが、どうも感じとしては、アフリカ連合がPKO(軍隊か停戦監視団か等はもちろんまだ未定)を派遣することとして、対岸のサウディが輸送機なりロジなりで、支援するというのが最もあり得そうな筋書きですが、とりあえず











ボコハラムの一部女高生の釈放

中東のニュースではありませんが、読者の中には、ボコハラムに誘拐された女子高校生について大きな関心を持たれる方もおられるので、簡単に


al qods al arabi net はボコハラムが誘拐していた女子高校生(確か当初誘拐されたのは276名で、うち55名が自力で脱走し、もう一人はボコハラムの戦闘員の夫と一緒にいるところを保護された由)のうち、21名が、スイス政府と赤十字社の仲介で釈放されたとのことです。
彼女らの状態について、面会した副大統領は「彼女らの置かれた状況に鑑みれば、彼女らの健康状態は比較的良好である」と語った由。

ナイジェリア政府は否定しているが、地元筋は、彼女らは4人のボコハラム戦闘員と引き換えに釈放され、戦闘員はボコハラムに引き渡されたとしている由
(この種事件で、全く何の見返りもなしに、テロ組織が譲歩することはまずありえず、おそらく地元筋のいう所が正しいと思われる。スイス政府はその辺には触れずに、政府としては人道的見地から協力したとしている由)
またナイジェリア政府は、これがンボコハラムとの戦闘の終了を意味するものではない、としつつも、この釈放が残りの女性の釈放の第1歩となることを希望しているとして、ボコハラムとの戦闘は新しい局面に入ったとしている由
(何らかの妥協が探られているのか、その辺は不明。特に21名対4名という非対称的な交換にボコハラムが応じた理由…例えば最近の近隣アフリカ諸国軍の圧力が厳しくなっているとか、資金に行き詰っているとか…が不明なので、それ以上は憶測でしかないが・・・)
http://www.alquds.co.uk/?p=613275
本件かって日本でも大きく報じられた問題なので、日本のマスコミでも大きく取り上げられている可能性もあるが、、取りあえず

ボコハラムの人質の解放(ナイジェリア)

al arabiya net は、ナイジェリア軍は同国の東南の村で、ISに忠誠を誓っているボコハラムを攻撃し、63名の人質を解放し、5名の戦闘員を殺害したと報じています。
さらに、ナイジェリア軍は多数の武器弾薬を押収するとともに、周辺の森林にあった複数の訓練基地を破壊したとのことです。
ボコハラムは確か2014年には女子高校生200名以上を誘拐し、奴隷にするとか強制的に結婚させるとか、脅迫していたので解放された人質になかにこれら女子高校生がいないか、と思ったのですがどうやら大部分は男で、女子高校生は含まれていない模様です。彼女らはどこに行ったのでしょうか?
それはともかく、記事によると、ボコハラムとの戦闘が激化した2009年以降、ナイジェリアでの死者が17000名、避難民が260万人出ているとのことです。
ボコハラムの被害がここまで大きいとは不明にして知りませんでした
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2016/03/04/الجيش-النيجيري-يحرر-63-محتجزاً-لدى-بوكو-حرام-.html

エジプト水問題

これから授業ですので、短いところを一つだけ

エジプトにとりナイルの水が死活的に重要なことは昔からよく知られているところで、最近ではエチオピアが青ナイル上流に建設中のダムを巡って、両国間で争いがありましたが、今度は白ナイルです。
尤もこちらの方は国際係争というよりは、エジプト政府と会社との問題のようで、al arabiya net はエジプト政府が、ナイル川とコンゴ川を結び付けるというある会社の提案を公式に拒否したと報じています。
その案は二つの大河を結び付け、今後コンゴ川の豊富な水をナイル川に引こうというもののようですが、エジプト政府は技術的に困難なプロジェクトで、経費も膨大で、おまけに政治的に不安定な地域ということで、現実的ではないとしたとのことです。
この話がどのくらい真剣なもので、又背後に何処かの国又は国際機関(例えば世銀等)又は一儲けたくらむ起業家の資金が絡んでいるのか否か等不明ですが、21世紀は石油よりも水問題の世紀と言われていたことを思い出しました。
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/egypt/2015/01/19/مصر-تعلن-رسميا-رفضها-ربط-نهر-الكونغو-بالنيل.html
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ