中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

ヨルダン

ヨルダンの抗議デモ

昨年末にはイランの各地で、物価騰貴、失業等に抗議するデモが広がり、治安部隊とも衝突などしましたが、今度はヨルダンです。

al qods al arabi net とal jazeera net は、ヨルダンでは、このところ諸物価の値上げ、税金の引き上げ等があって、民衆の不満が高まっていたところ、首都アンマンを含め6都市で、物価騰貴抗議、値上げの撤回等を要求する抗議デモがあったが、同時に政府及び議会の辞任を要求していると報じています。
それによると、抗議を組織したのは、左翼政党と民族政党だが、イスラム勢力も首都アンマンではこれに加わった由。

他方、al qods al arabi net は、首相のhani al malakiが、難しい手術のために急きょ米国に向けて出発し、当面は副首相が首相代理を務めると報じています。
双方とも、経済的不満が政治的不満に結びついたので、状況は緊張していて、アンマン知事は公共の治安を害する行為を禁止し、首相府周辺の交通を規制したとのことです。

http://www.alquds.co.uk/?p=872720
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/2/2/مسيرة-في-عمان-احتجاجا-على-رفع-الأسعار

ヨルダンは中東諸国の中では、比較的行政もしっかりし、民主的自由もある国ですが、その反面これまでもイスラム主義者(確かムスリム同胞団の勢力が強い)のデモがあったり、経済も産油国のように富裕なわけではないので国王は難しいかじ取りを迫られてきました。

それに加えて、エルサレムに関するトランプ宣言があり、何しろ67年戦争後も、エルサレムの聖地(岩のモスク)の守護者であり続けてきた、ヨルダン王国としては、おいそれとそんな一方的行為を支持するわけにはいかず、そちらの方からも難しい立場に立たされてきました。
今回の抗議がどの程度拡大するかは、勿論不明ですが、要注意の状況でしょうか。

ヨルダン・イスラエル関係

ヨルダンとイスラエルの関係は、(エルサレムに関する)トランプ宣言で緊張したように見えますが、実は昨年7月だったかに、アンマンのイスラエル大使館の警備官が、ねじ回しで攻撃してきた修理の青年と、流れ弾により建物の持ち主を殺して以来、緊張し、大使館は館務を停止していました。
この問題は17日、イスラエルが謝罪し、死亡した二人及び2014年にヨルダンへのアレンビー橋で、射殺されたアラブ人判事の家族に対して、500万ドルを払うことで、解決した模様です。
この問題で、ネタニアフはトランプの娘婿クシュナーと米大使に、解決に対する尽力に感謝し、またヨルダン国王とネタニアフは20日電話会談したとのことです。
(電話会談お内容は不明ですが、上記の事件と関係があると見られている由)
http://www.alquds.co.uk/?p=864748
http://www.alquds.co.uk/?p=864771
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5073476,00.html

近くイスラエル大使館も職務を再開する可能性がある(ただし、ヨルダン側では新大使の着任が条件とするという話もある模様)とのことで、取りあえずイスラエルにとって、最重要なアラブ諸国の一つ(イスラエルはエジプトとヨルダンと外交関係がある)との最低限の関係修復はできた模様です。



ヨルダン王族の退役問題

先日ヨルダン国王の異母弟2名ともう一人の王族が、軍から退役して、名誉称号を与えられたことを報告しましたが、al qods al arabi net は、同国の王宮庁が、彼らの退役について、嘘の噂や悪意ある書き込みがネット上に流れているいるが、これらの悪意ある中傷や誹謗で国家を傷つけるものについては、法的措置を講じると警告した報じています。

http://www.alquds.co.uk/?p=853039

記事は、それ以上の中傷や、嘘の内容については触れていませんが、このような警告を王宮庁があえてしたとすれば、かなり多くの噂が流れ飛んでいて、王宮としてもほってはおけなくなったものと見られます。
また内容的にはおそらく、政治的なもので、時局柄、エルサレム問題や、サウディとの関係等に絡んでいるのではないかと思われます。
因みに、2人の国王異母兄弟は、母親がレバノン系米国人(確かPA航空の会長の娘だったかと思う)だったかと思うので、トランプとかサウディの何らかの手が伸びていた可能性も考えられるも、完全な推測以外の何物でもありません。
こんなことを書くとヨルダンから警告が来るかもね。

ヨルダン国王異母兄弟の軍よりの退役

ヨルダン国王が実弾射撃演習に参加し、そのことが広く広報されたことは昨日だったか、報告しましたが、この件が現在のヨルダンの抱える危機と関係があるか否か、またあったとしても、その意味は不明ですが、al jazeera net はヨルダン国王が彼の異母兄弟等を軍から退役させたと報じています。

それによると、退役したのはファイサル・ビン・フセインとアリ・ビン・フセインで、その他タラ―ル・ビン・ムハンマド王子も含まれる由。
国王は、この退役は他の高級将校と同じ扱いで、軍の組織改革の一環であるとして、前者を名誉中将、後者を名誉少将に任命した由
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/12/27/ملك-الأردن-يحيل-ثلاثة-أمراء-للتقاعد-من-الجيش

これだけの記事で、何らかの意味がある政治的な動きなのか、単なる軍内の通常の異動であるのかは不明ですが、何しろ時期が時期で、おまけに王族3名の同時退役というところが気になり、もしかすると軍内部で、別の王子を担ぎ出そうとする動きを抑えようとしたなどの可能性も考えられない訳ではないので、取りあえず、ご参考まで



ヨルダン国王の実弾演習への参加

エルサレムに関するトランプ宣言で、ヨルダンがサウディ等との関係も含め、困難な立場に立たされていることは先に書きましたが、al jazeera net はヨルダンのアブダッラー国王が、軍の実弾演習に参加したと報じています。
記事は更に、ヨルダン軍はその公式ネットに国王の演習参加、特に実弾発射等の映像を載せ、このネットは国民から多大の関心を受け、多数のアクセスがあり、多くが国王の演習参加を称賛した由。
国王は軍の最高指揮官として、演習に参加したものだが、国王はもともと英士官学校卒の軍人で、陸軍及び空軍で働いたことがある由(確か准将のランクをもっていたと思う)
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/12/26/ملك-الأردن-يشارك-في-تمرين-عسكري-بالذخيرة-الحية

記事そのものもごく短いもので、内容も上以上のものはありませんが、ヨルダン政府が現在の状況を非常に懸念していて、国王が自ら実弾射撃を行う映像を見せることで、政府の決然たる姿勢を印象付けようとしているものと思われます。





livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ