中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

バハレン

バハレンの油送管の爆破

バハレンでは10日夕だったかに、その中部のburi村の近くで油送管が爆発した事件がありました。
このところイランでも、各地で石油関連施設の火事等の事件がありましたが、どうやらテロではなく、事故の模様だったので、今回も同じような事件かと思い、特に報告もしませんでした。

然るところ、アラビア語メディアは、11日バハレンの内務大臣が、この事件はテロによる破壊活動であると発表し、これまでもこの種事件の後ろにはイランの指示と関与があったとして、イランの関与を非難しました。
内務省の方では、事件の捜査を続けていて、容疑者が捕まり次第、司法当局に任せるとしている由。
なお、爆破から起きた火事は制圧され、特に死傷者等はなかった模様です

更に、サウディの資源・エネルギー・工業省は、この事件と関連して11日、サウディの全石油関連施設の警備を強化したと発表したとのことです。
またおそらくは同じようなテロを警戒してのことかと思いますが、バハレンに対する原油の供給を停止したとのことです。
http://www.alquds.co.uk/?p=824672
http://www.alarabiya.net/ar/saudi-today/2017/11/11/السعودية-تشديد-الأمن-بالمنشآت-النفطية-بعد-هجوم-البحرين.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/11/11/السعودية-تعلق-ضخ-النفط-للبحرين-بعد-تفجير-خط-أنابيب

湾岸での最大の問題の一つは、石油関連施設の安全確保と原油の安定供給ですが、バハレンという原油の供給国としては小さな国の事件であっても、仮に彼らの主張の通り、イランがその背景に居たとすれば、サウディ等も巻き込んでの湾岸全体での大きな事件になる可能性があるかと思います。
これまでもバハレンでは、時々シーア派の抗議デモやテロが生じており、その都度政府当局は後ろにイランがいると非難してきており、今回もイランの関与があったのか否かの問題があるかと思います。
仮になかったとしても、その様な主張がなされること自体、現在のイラン・サウディの対立、緊張に鑑みても、大きな紛争の火種の可能性があるかと思います。

治安部隊に対するテロ(バハレン)

ペルシャ湾にあるバハレン(確かここは米艦隊の基地があるところかと思うが)は住民の多数がシーア派だが王族等支配階級がスンニ派で、おまけにイランが領有権を主張しているというややこしいところで、アラブの春後大規模な抗議デモが発生し、サウディ軍を中心とするGCC部隊が、鎮静化のために進駐したことがありました。

その後も時々抗議デモや治安部隊に対する攻撃が生じていましたが、アラビア語メディアによると、27日夕、島の北部で警察車両に対する攻撃が生じ、警官1名死亡、8名が負傷したとのことです。
攻撃は手製の爆弾とのことですが、写真を見るとかなら激しい銃撃戦もあった模様です。
現在のところ、犯行声明はなく、また犯人側の死傷者の有無yは不明で、逮捕者はなさそうです。
http://www.alquds.co.uk/?p=815838
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/gulf/2017/10/27/البحرين-إصابات-جراء-هجوم-استهدف-حافلة-للشرطة.html
これまで、この種事件が生じると、バハレン政府はイランのエイジェントの仕業であるとすることが常で、今回もそのような主張をする可能性もあり、それでなくとも緊張している、イランとGCC、米国の関係をさらに緊張させる可能性がありそうです。
また別の報道では、拘留されている複数の女性活動家がハンストを始めたとかで、バハレンに関しては人権問題との絡みもありますので、念のため

アシューラ期間のテロ

これまで毎年、シーア派の最大行事であるアシューラに際しては、イラクのバグダッドからカルバラ(フセインの聖廟がある)にかけてアルカイダやISによる大規模なテロがあり、多数の犠牲者が出ていましたが、今年はそのような報道は全くありません。
何しろシーア派にとっては最重要な行事ですから、行事そのものが取りやめられたということはないと思われ、矢張りイラクではISのテロ能力も含めた活動力が極めて低下していることと、イラク軍と警察の治安維持能力がはるかに向上していることを物語るのではないかと思われます。

・この期間にテロが報じられているのは、バハレンとダマスくらいで、バハレンでは内務省によればアシューラの行事中に、首都マナマの西で、爆発があり、警官5名が軽傷を負ったとのことです。
犯行声明等は出ていない模様です
・もう一つはシリアのダマスで、al meedan 地域の警察署に対し、2名の自爆者が攻撃を掛け、17名(15名との報道もある)死亡し、8名が負傷しました。
この警察署は今月16日にも児童の自爆者により攻撃されたとのことで、アシューラの行事との関連は不明ですが、取りあえず
http://www.alquds.co.uk/?p=801239
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2017/10/02/سوريا-تفجير-في-حي-الميدان-بدمشق-.html

http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/10/2/قتلى-وجرحى-بتفجير-في-حي-الميدان-بدمشق





バハレンにおける反政府派の逮捕等

アラビア語メディは、バハレン当局が23日、首都マナマの近くの村で反政府活動家らの摘発を行い、286名を逮捕したと報じています。
この逮捕劇では、治安部隊と反対派の間で衝突があり、治安部隊のほうでは催涙弾、ゴム弾実弾等を使用し、反政府派は火炎瓶を投げて抵抗し、反政府派に5名の死者が出た模様です。
なお政府は、これらの反対派は、これまで座り込みをしたりして、公共の秩序を乱し、交通を麻痺させてきたと非難している由。
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/gulf/2017/05/23/البحرين-القبض-على-286-محكوما-ومطلوبا-في-قضايا-إرهابية.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/5/24/مقتل-خمسة-واعتقال-286-بعملية-أمنية-بالبحرين
バハレンは、人口の多数派がシーア派で、政府等の少数派がスンニ派で、確かおまけにイランがその領有権を主張しているところで、これまでもシーア派住民、活動家らと治安当局がたびたび衝突してきたところ、今回トランプ大統領のサウディ訪問と湾岸首脳会議の直後に、一度に286名という多数の逮捕者が出たことの間に何らかの関連があるのかないのか、若干気になるところです。
要するにあれだけトランプが反イランの姿勢を表明し、GCC首脳会議でもアラブイスラム首脳会議でも、、イランの介入が強く非難されていたので、バハレンとしては、この際少々手荒にシーア派を抑え込んでも(バハレン当局から見ればl、彼らの後ろにはイランがいる)、湾岸諸国や米国がついているということではないかと推測しますが、どうでしょうか?


f16のバハレンへの売却(人権問題との関連)

数日前から、アラビア語メディアは、米がバハレンにF16を売却すると伝えていました。
それ自体は、大したニュースではないと思いますが(F16出し、最新式の戦闘機のサウディ売却などのようにイスラエルが反対することもなさそうですので)、al qods al arabi net は、米がこの売却に関して人権問題の改善という条件を外したと報じています。
それによると、両国は昨年19機のf16を270億ドルで売却する契約を結んだが、オバマ政権はその売却に関し、バハレンの人権問題(バハレンでは多数派のシーア派住民に対する少数派のスンニ派の政権の人権弾圧が問題となってきている)改善という条件を付けていた由。
しかるに上院の外交委員によると、国務長官はこの条件を外すと、議会に通告した由。その理由として、国務長官は武器の売却に関連しての人権問題に関する条件付けは、人権改善の最善の方法ではなくそのためにほかにもっと有効な方法があると述べた由・
議会は売却を認めるか否か来週審議する予定の由
(共和党が多数の議会は間違いなく承認するでしょう)
http://www.alquds.co.uk/?p=696708
武器の売却または供与に際して、人権改善を条件づけることはオバマ政権がよくやった手段で(特にエジプトとの間で随分確執の種となった)で、確かにそれが人権改善の最善の方法か否かについては議論のあるところですが、ここでもトランプ政権はオバマの政策を大きく変えようとしているように思われます。
トランプにとっては、他国の人権問題や地球環境問題に対する関心は非常に低いと思います

















livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ