中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

モロッコ

レバノン人の入国禁止(モロッコ)

もう一つアラブ諸国間の入国制限の例です。

こちらの方は、al qods al arabi net が報じるところで、モロッコは最近ヒズボッラーが西サハラの(独立を目指す)ポリサリオと密接な関係を有していることが判明したとして、レバノンに対するすべての査証の発給を禁止したとのことです。

同ネットはレバノンのal akhbar紙によれば、モロッコ政府は、この5月以来ヒズボッラーのポリサリオに対する支援が明らかとなったとして、レバノン人に対する査証発給をさし控えてきた由。

また、モロッコ政府は、レバノン政府がヒズボッラーのアラブ諸国、特にモロッコへの干渉を非難する声明を要求している由。

http://www.alquds.co.uk/?p=1028838

日本ではなじみ薄いが、西サハラと言うのはスペインが領有していた、文字通りサハラの西、大西洋に面したところに位置した世界で最後の西欧の植民地と言われたところですが、スペインがその領有権を放棄したところ、モロッコがその領有権を主張し、ポリサリオと言う勢力が独立を求めて活動し、それをアルジェリアが支援して、現在でも、両国間の関係改善を妨げる最大の棘となっています(このためマグレブ連合…モロッコ、アルジェリア、チュニジア、リビアからなる…の首脳会議はこの20年以上開かれていない)。

確か西サハラの大部分はモロッコ軍が制圧して、住民の多くが未だテント生活をしているとか聞きますが、紛争が拡大するのを防止するために、国連PKOが駐在し、確か事務局長が最近そのマンデートの1年延長を提案したはずです。

それにしても、ヒズボッラーの活動(ということはイランの影響)がこんな遠くまで及んでいるとは、知りませんでした。イランの「長い手」とでも言うべきなのでしょうか?

西サハラ沖合はタコの漁場として、あそこでとれたタコは、日本にもずいぶん入っているはずですが、イランがタコに興味があるという話は知らないし、おそらくは地政学的な観点から、北アフリカ諸国、サヘル諸国に足場を固めておこうということなのでしょうか?

徴兵制の復活(モロッコ)

al arabiya net は、モロッコ政府が青年の徴兵制を承認したと報じています。
この決定は官報に掲載され次第効力を有することになるが、それによると原則として19歳から25歳の間の総ての男女が12か月間軍務につくことになる由。
また、徴兵制の復活は2006根に来初めてのことの由
王宮府の声明によれば、徴兵制は青年の間に、国家意識を涵養することと国民の間で義務と権利の調整をとることを目的としている由
https://www.alarabiya.net/ar/north-africa/2018/08/21/المغرب-يعيد-التجنيد-الإلزامي-للمرة-الأولى-منذ-عام-2006.html
取り敢えず以上で、徴兵制復活の背景等は不明です。
モロッコとしては、リビアやサヘル地域からのIS,アルカイダ等過激派の脅威に直面しているうえに、その青年たちの間に過激思想がかなり広まっていることもあり、このさい軍役を通じて、国民意識を涵養しようとしているのかも知れません。

モロッコの砂漠の自転車競技

73[1]al jazeera net に載った、「モロッコ砂漠の自転車競技の第5ステージで、自転車を押す選手たち」という当写真です。
いつどこでとった写真か(当然サハラ砂漠でしょうが)等一切の説明がないので 、報道的な価値はありませんが、余りに綺麗な砂漠の写真なので、ご参考まで
http://www.alquds.co.uk/?p=928566

西サハラ問題(モロッコ、アルジェリアの対立)

もう何十年来の問題ですが、また西サハラ問題で、アルジェリアとモロッコの関係が緊張した模様です。

西サハラ問題と言っても、日本ではほとんどなじみのない問題ですが、アフリカの大西洋岸で、モロッコとモリタニアの間にある砂漠の国?で、もともとはスペイン領でしたが、非植民地化の波に洗われ、スペインが1975年だったかに撤退した後、モロッコとモリタニアがその領有権を主張しましたが、アルジェリアに支援された現地住民(ということになっている)のポリサリオが独立を主張し、モリタニアが領有権を放棄してからは、モロッコとポリサリオ(とその支援者アルジェリア)の問題として、現在に至っている問題です。
西サハラの大部分はモロッコが実態的に支配していますが、ポリサリオは独立のための闘争を続けるとして、モロッコとアルジェリアが対立してきましたが、この間国連が平和的解決のために特別代表を任命する等、努力してきましたが結局モロッコとアルジェリアの対立がネックとなって、現在に至るも解決のめどが立っていない問題です。
このため、確かこの地域は国連の地図では、世界唯一の非自治地域(要するに独立していない地域)になっているはずです。
またこの問題のためにモロッコとアルジェリアの関係は今に至るもギクシャクとしてて、そのために両国が加盟しているマグレブ連合(ほかにはチュニジアとリビアが加盟国だったか?)も、長いこと首脳会議さえ開けない状況でした。
おそらくはISやイスラム・マグレブ諸国のアルカイダ等に対するマグレブ諸国の協力にも悪い影響を与えているはずです。

いずれにしても、この古い問題がまた再燃した模様で、今回はモロッコ国王が、国連事務総長あての書簡で、西サハラに対するアルジェリアの責任を厳しく非難して、国連がしかるべき措置をとるように求め、さもなければモロッコは適当と考える措置をとると警告したとのことです。
どうやら問題は、西サハラの中の緩衝地帯の問題に関する国連の報告書に対する不満と、最近EUがモロッコと水産協定を結んだところ、これにアルジェリアが異議を唱えた(中身は書いていないが、おそらくは西サハラ沖合の水域も対象地域になっていたためではないか?)ことに対して、モロッコ国王等が反発しているということのようです
https://www.alarabiya.net/ar/north-africa/2018/04/06/توتر-جديد-بين-الجزائر-والمغرب-بشأن-الصحراء-الغربية.html
http://www.alquds.co.uk/?p=911139
どうせこれだけ長いこと未解決できた問題ですから、急に何か深刻な事態が起きるとも思われませんが、両国間の関係がこんな状況では、なかなか過激派に対する緊密な協力は難しいかもしれませんね


清掃人の美の女王    モロッコ

a37d6674-19d4-4ece-907a-5da3990b2db2[1]血なまぐさい話ばかりなので、少し罪滅ぼしに・・・
モロッコでは「清掃人美の女王」なるものがある模様で、al arabiya net は2018年には25歳の写真の女性が選ばれたと報じています。
確かに美しい方ですね
もっとも彼女の場合、写真がSNSなどで出回って、このタイトルをもらったもののようで、水着を着たりしたコンテストの結果ではないようです
tps://www.alarabiya.net/ar/social-media/2018/03/13/قصة-عاملة-نظافة-مغربية-من-كنس-الشوارع-إلى-ملكة-جمال.html
livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ