中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

アルカエダ

オサマビンラーデンの影?

アルカイダを創設したオサマビンラーデンはパキスタンで米特殊部隊に殺害されました(殺害を信じない人もいるようですが、マスは間違いなさそうです)、彼の息子hamzaは生存していて、欧米で新たなテロを計画しているとされているようで、英国がその有名な特殊部隊SASで追跡しているとの報道がある模様です。

実はそのような報道は、若干前に、アラビア語メディアでも流れていたのですが、そもそもアルカイダの2代目統領はアイマンザワヒリになっており、その影響力も落ちている上に、hamzaも特に指導的立場にあるとのニュースもなかったように思われ、どうもスパイ小説の類の話かと思い、特に紹介もしませんでした。
然るに、al arabiya net が、自由シリア軍東部軍幹部の話として、hamzaがシリアに居るという話に疑問を挟んだとの報道と合わせて、英dayly mail の記事を再度報じているので、信頼度はともかく、取りあえず記事の要点、下記の通り、ご参考まで

・自由シリア軍の北部報道官はal arabiya net に対して、hamzaがシリアに来ているとの報道は正確ではないと語った。彼によると、この説は2か月前に、彼がイドリブに来ているとされ、その後デリゾル地域に移ったとされる由。
かれはhamzaのシリア滞在は、噂の類で、情報とまでは行っていないとしつつも、その可能性が皆無ではないとしている。
というのは、彼は10年ほどイランに滞在していたので、イランがパキスタン経由等で彼をシリアに移すことは、容易だからとしている。
・英dayly mail 紙が、英国のSASのコマンドが、彼を殺害または逮捕しようとしたと報じていた。これは、hamazaがその支持者向けのビデオで、西側諸国で個人による激しいテロを呼びかけたからである。
・英紙のえた英当局からの情報では、hamzaはシリアに潜伏しているとされていて、SASは生死にかかわらず彼を捕捉することを重要な任務とされた由。
・英国は米とも協力し、現地勢力とも協力し、彼の追跡に全力をが得ているので、遅かれ早かれ、彼が何らかの間違いを起こせば、これを捕捉するであろうとしている由。
情報収集には偵察機とドローンも使われ、また自由シリア軍の2のソースも協力している由
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2017/10/02/مصدر-وجود-حمزة-بن-لادن-في-سوريا-غير-مؤكد-.html
















ヨーロッパでのイスラム過激派のプレゼンス

イスラム過激派のヨーロッパにおけるプレゼンスについて、2つのアラビア語メディアの報じるところ、次の通り。
それぞれは独立の情報ですが、やはり欧州におけるイスラム過激派の脅威は未だに深刻なようです。

一つはal arabiya netの報じるところで、EUのテロ対応最高調整官の報告によると、欧州には約5万人のイスラム過激派(主としてIS関連)が存在する由。
そのうち70%が英国在住の由。さらにそのうち3000名が、対内情報機関MI5の関心の対象で、その他500名が常時追跡されている由。
英政府も2013年以降18のテロを阻止し、3月のウェストミンスターのテロ後も5件を阻止したとしている由
英国の次に来るのが仏で、17000名の過激派が居住している由
その次は、数はずっと減ってスペインで、5000名の過激派がいる由。
ベルギーからは500名がシリアに向かったが、今でも1000名の過激派がいる由
これらの過激派の脅威は深刻で、今後5年間にハッキングを使い、原子力発電所や航空管制などを攻撃する可能性がある由。更に彼らはロシアのハッカー等を利用すると見られている由。

もう一つの記事はal qods al arabi net のもので、そちらは1日発行の独シュピーゲル誌が、シリアのヌスラ戦線の過激派50名が独国内にいると報じていると伝えています
彼らはauis al qarni部隊(アラビア文字からの訳)に属し、難民として独に入った由。
この部隊は当初al amr渓谷で自由シリア軍とともに戦っていたが、その後過激派のアルカイダ系のヌスラ戦線に合流した由。
独当局は現在そのうち29名を調査している由。またそのほか30名のヌスラ戦線の戦闘員が存在するとみているが、未だその人物の身元等を確認していない由。
独憲法擁護庁(対内情報機関)は、彼らをフォローする部門を設置したよし
http://www.alquds.co.uk/?p=782736
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2017/09/02/تقرير-يحذر-50-ألف-متطرف-بأوروبا-معظمهم-في-بريطانيا.html




アルカイダとISの依然有するテロ能力

国連安保理に提出された専門家の報告書によれば、国際的な軍事圧力にもかかわらず、両者とも依然として活発なテロ活動を行う能力を有しているとのことです。
内容的には、一般的に知られているところで、特別新しいところはなさそうですが、al qods al arabi net の記事の要点次の通りです。

10日安保理に提出された報告書は、2017年前半のアルカイダとISに関し、ISはシリアとイラクに於ける軍事圧力にも拘わらず、依然として中東の紛争地域の外の戦闘員に資金を送る能力を有していて、少額の資金であれば、これを発見摘発することは困難であるとしている由。
その資金源は依然として基本的には同じで、石油資源の利用と地元民からの税金が主力の由
またISは中東以外に地域、特に欧州などでその支持者にテロを実行させる能力を維持しているが、欧州は現在でもその活動の主要舞台とされている由。
更に、フィリピンでの戦闘が示すように、ISはさらに東南アジアでも活動を拡大することを熱望しているが、他方イラクやシリアに戦闘のために赴こうとする者の数は減っている由
http://www.alquds.co.uk/?p=769806







シリア情勢(ダマス近辺等)

東ゴータでの政府軍の砲爆撃については、先日もお伝えしましたが、アラビア語メディアにょると、そこでは反政府軍とシャム解放機構が戦闘をしているほか、政府軍も地域全体の制圧を目指して、空中及び地上の攻撃をしかけているとのことで、複雑な状況の模様です。
なお、先日のホムスだったかの非戦闘地域に関する合意がカイロで行われたが、これは東ゴータに次いで、エジプトがシリアの非戦闘地域に関与する2つめのケースであると報じられていたとお伝えしましたが、al jazeera net は
東ゴータに関する停戦は2週間前にカイロでエジプトの斡旋で反政府軍とロシアが合意したと伝えています。
断片的ですが・・・
東ゴータ等の状況について、アラビア語メディアから・・・

・反政府軍、特に「イスラム軍」は7日朝、東ゴータでシャム解放機構の支配していたjisreen,saqba,kafarbatna,al ashari等を制圧したと発表した。
・反政府軍は、その他の地域でも解放機構軍を包囲しているよし
・東ゴータでは、2週間前に非戦闘地域とするとの合意ができてから、政府軍は反z政府軍に対して停戦しているとしている。
この間反政府軍同士(おそらくはいわゆる反政府軍とシャム解放機構軍との間)での戦闘が続いている。
しかし、地元筋によると、この間300回の停戦違反があったが、その多くが政府軍によるものの由
7日政府軍は停戦に違反し、空爆及びミサイル攻撃を、ain touma,hazrma,al zariqia等及びダマスのjouberに対して行った由
しかし地上では反政府軍の抵抗で、前進できなかった由

・他方政府筋によれば、ホムスで政府軍と同盟者は前進を続け、デリゾルの前のISの最後の拠点であるmaadan に接近しつつある由
・ラッカは現在シリア民主軍が包囲しているが、政府軍等はその東側西側の2方面から接近しつつある
政府軍はラッカの東ではboukmalに接近しつつある

・アレッポ周辺では、シリア民主軍はmareaの反政府軍に砲撃を加え、住民に死傷者がでた
http://www.alquds.co.uk/?p=767581
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/8/7/المعارضة-تسيطر-على-مواقع-لهيئة-تحرير-الشام-بالغوطة












旧ヌスラ戦線のイドリブ制圧

シリアの北西部のイドリブ等の地域では、旧ヌスラ戦線(これがややこしいことに旧アルカイダ系と来ている)のシャム解放機構と自由シャム運動等のイスラム系反政府軍と微妙な関係を維持してきたところ、このところ両者間の衝突が続き、特に過去1週間で民間人12名を含む92名の死者を出した由。
その衝突で、旧ヌスラ戦線系のシャム解放機構が優位に立ち、双方で停戦合意ができて自由シャム運動等はイドリブから撤収し、イドリブ市はシャム解放機構が制圧し、併せて2日間で周辺の31の村落も、同機構が制圧した由。
このため自由シャム運動等の武装兵は、南方ハマの方向に撤収するか、トルコ国境を越えて撤収することになった由
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/7/23/هيئة-تحرير-الشام-تسيطر-على-مدينة-إدلب
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2017/07/23/سوريا-مدينة-إدلب-في-أيدي-هيئة-تحرير-الشام-.html
取りあえずのところは以上ですが、シリアでは米国もヌスラ戦線はテロリストと認定しており、上記の報道が正しければ、今後はイドリブに対してもロシア軍等が、テロとの戦いの名目で、更なる空爆を加えることになる可能性が高いかと思われるところ、トランプや隣国のエルドアンはどうするのでしょうか?
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ